本文へスキップ

当院は、耳鼻咽喉科、気管食道科、アレルギー科を専門とし、地域医療に貢献します。

TEL. 089-973-8787

〒790-0045 愛媛県松山市余戸中1丁目2-1

口蓋裂 ~耳鼻科医の役割~

 口唇口蓋裂治療は、形成外科医、言語聴覚士、矯正・小児歯科医、耳鼻科医、小児科医によるチーム医療を行います。耳鼻科医は、言語機能の確認のための軟口蓋の運動を評価する鼻咽腔ファイバースコープ検査、滲出性中耳炎の治療や経過観察を行います。

<口唇口蓋裂における障害>

哺乳力低下:1才までホッツ型プレート、口蓋裂用乳首の使用

審美的問題:唇裂の手術は生後3ヵ月以降、口蓋裂には段階的手術

言語障害:鼻咽腔閉鎖機能不全に対して言語聴覚士により発声訓練を行う。*パ、カなどの発声障害

上顎骨、口唇、軟口蓋粘膜の発育障害

歯並びの不正:矯正歯科による段階的矯正

滲出性中耳炎:軟口蓋と耳管の動きの調節を行う口蓋帆張筋、口蓋帆挙筋の機能傷害により耳管機能が低下し、鼻咽腔から中耳への換気が十分に行えないために、滲出性中耳炎が慢性化する場合が多い



ナビゲーション

バナースペース

医療法人 大輝会
山口耳鼻咽喉科クリニック

院 長 山 口 幹 夫

〒790-0045
愛媛県松山市余戸中1丁目2-1

  TEL 089-973-8787
  FAX 089-994-5487