本文へスキップ

当院は、耳鼻咽喉科、気管食道科、アレルギー科を専門とし、地域医療に貢献します。

TEL. 089-973-8787

〒790-0045 愛媛県松山市余戸中1丁目2-1

今月の疾患情報

1) ’99年9月のホームページ開設以来の「今月の疾患情報」のまとめへのリンクをコンテンツ欄にリンクしています。当院の月別の疾患情報を通して、耳鼻咽喉科外来の1年の様子が伺えると思います。ぜひご覧下さい。ブログ風ですが、ブログサイトが普及する以前からの当ホームページオリジナルの形式です。(^^)/
2) ’02年9月より疾患情報を復活させています。(^。^) 以前のスタイルとはちょっと趣を変えて、ショートコラム風にその時々の当院の診察室風景をお伝えします。時には、松山のチョットした風物も紹介出来ればと思っています。
  24日   1週間前の15日の春一番、16~18日の椿まつりから徐々に飛散は増えていました。今年はまさに松山のスギ花粉症のシーズンは”椿さんで始まる”を地で行く形となりました。今日はさらに飛散が増えて、今シーズン初めて中等度飛散のレベルに達しました。これから1ヶ月の大量飛散が始まります。

 今日午後4時、松山外環状道路の余戸南ICー垣生東IC間が開通しました。松山道松山ICから松山空港までのアクセスがさらに便利になります。朝のラッシュ時に渋滞の多かった余戸南ICと国道56号の接道部の渋滞の緩和が期待できそうです。
 診療が終わって当院3階から外環状道路の高架を眺めてみると、車のヘッドライトやテールライトの光が漏れてきています。ゴーッという車が通る高架橋の音や高架の接合部を車が通過するときのシャーシャーという音も漏れてきます。当院からの音の風景も、電車の通貨音と踏切の警報音、飛行機の離着陸音、遠くから聞こえる船や気動車の汽笛に加えて、高速道の高架橋の音が加わったことから、少し都会のテイストになりました。 
  14日  急に暖かくなりました。当院のスギ花粉の飛散開始日は2月10日となりました。当初、例年より早めの飛散開始を予想していましたが、2月初旬の寒波のせいでむしろ例年よりやや遅めの飛散開始となりました。1月に最強寒波で例年より飛散開始がやや遅かった昨年よりも、さらに1日遅くなりました。今日は全国的に記録的な温かさですが今日も花粉の飛散はまだわずかです。来週から本格的な飛散が始まりそうです。花粉の飛散を感じ始めた方の来院が目立ってきました。花粉症へのレーザー治療は飛散が本格化する前に行いますが、駆け込みでレーザー治療を希望する方も見られました。

 新型コロナの第10波はますます目立っています。昨日、今日とヒト・メタニューモウイルス感染のお子様が立て続けに4名見られました。昨年夏にRSウイルスが流行し、昨年秋にRSウイルスの兄弟分のヒト・メタニューモウイルスが流行しました。関東では再度RSウイルスが流行との情報がありましたが、松山ではヒト・メタニューモウイルスがまた増えるのでしょうか。 
2月  8日   大学共通テスト、私立高校入試と受検シーズンが続きます。受験生で受診された学生さんが十二分に実力を発揮できるよう最善の治療を心がけたいです。
 いよいよ11日には愛媛マラソンが開催です。当院にも当日参加予定のアスリートの方の受診が見られます。受験生同様、ランナーの方々が体調万全で当日を迎えられるよう、私も最善の治療を目指しています。

 ここ1週間の寒波でスギ花粉の飛散は止まっています。当初の私の予想に反して、飛散開始日は例年よりやや遅い来週初めになりそうです。 
     
  31日   寒いです。この冬一番の寒波の影響でスギ花粉の飛散は少量のままです。毎日飛散する「飛散開始日」は2月5日前後になりそうです。花粉症の初期治療やレーザー治療を希望する方の来院が増えてきました。

 インフルエンザと新型コロナが猛威を振るっています。A香港型の流行に続いて、A2009年型とB型ビクトリア株も流行してきました。今週に入り松山市内の学級閉鎖の報告も一気に増えました。低学年でB型で学級閉鎖、高学年でA型で学級閉鎖、全校で新型コロナも同時発生の小学校もあります。当院では3日続けて、インフルと新型コロナへの同時感染の方の来院が続きました。新型コロナは今年に入り愛媛県でもオミクロン株のJN.1系統が主流になりつつあるようです。オミクロン株への複数回感染も珍しくなくなっています。

  サイトメガロウイルスによる伝染性単核球症、細菌性甲状腺炎、顎関節症、三叉神経領域の帯状疱疹、耳せつ、良性発作性頭囲眩暈症、結節性甲状腺腫、急性顎下腺炎、反回神経麻痺、新型コロナウイルス罹患後症状など 
  24日  1月当初よりB型インフルエンザの流行が始まりました。昨年中に主流だったA香港型が引き続き発生しているなかでA2009年型の発生もありB型の発生もありの状況になっています。今週に入り、ある小学校ではA型で学級閉鎖が起こり、ある小学校ではB型で学級閉鎖が、ある小学校ではA型とB型が混在して発生しています。この冬、A型に二度罹ったり、A型B型に二度罹るケースも出ています。まだインフルに3回罹った人はまだいませんが、これから3度罹りするケースも出てきそうです。
 新型コロナも年末からまだ増えてきています。愛媛でもオミクロンのBA.2系統、XBB系統の発生が見られています。関東では米国やインドなど世界で広がっているXBB系統のJN.1も増えているようです。今後、愛媛県でもJN.1系統を中心に新型コロナの第10波の流行が始まるかもしれません。オミクロン株だけでも2度3度発症するケースも珍しくなくなっています。
 当院でも年末に猛威を振るったアデノウイルス、溶連菌は少なくなっています。手足口病もわずかにみられる程度になってます。

 ポールンロボによる花粉飛散の集計を始めました。当院では12日から観測を始め13日が初観測となりました。今日は寒波ですが1月に入り記録的な暖冬であることからスギ花粉の飛散開始は例年よりかなり早くなりそうです。関東では過去最速で1月中の飛散開始も予想されだしました。松山でも1月中に毎日飛散する飛散開始日を迎えそうな気配です。 
3日   明日は当院の仕事始めです。今日はもう1日ゆっくり過ごさせて頂きました。

 
元旦の松山城です。いつ訪れてもどっしりとした城垣には惚れ惚れします。道後平野の東には雪をかぶった石鎚山が遠望できます。

  
松山気象台が改修され、往年の時計台が復活しました。 この建物は昭和3年松山測候所として建造され、現在は国登録有形文化財に指定されています。気象台の前庭には百葉箱をはじめとする各種の観測機器が設置されています。年末の天気予報の番組で得た知識ですが、中央には黒いタイヤが置かれています。なぜこんなとこにタイヤがと思われますが、この中で初霜などの観測をするそうです。気象台の西の隅(中央の写真の奥)に松山市の梅の標本木があります。近づいてみると既に開花しています。この標本木、例年極端に開花が早いようです。毎年松山が全国でもトップクラスで梅の開花が早いのはこの標本木が気が早いせいですね。標本木を代えた方がいいような気がしますが、さて、気象台の方はどう評価しているのでしょうか。
1月 2日   明けましておめでとうございます。本年も当院を宜しくお願いいたします。 
 新年から地震、航空機事故と大変な新春となりました。被災で取り残された方々の一刻も早い救出を願ってやみません。


本年も「ふなや」の正月飾りでこのコーナーを始めたいと思います。
     
  31日   本年の診察も無事終りました。28日は診察終了が午後10時を回り、29日も受付は午後0時まででしたが終了は午後6時になりました。コロナ以前の年末が戻ってきたみたいな雰囲気でした。受診された方々にはご協力ありがとうございました。
 12月後半にさすがに最近はないだろうとノーマークだったヒトメタニューモウイルスで喘鳴をきたしたお子様が見られました。インフルエンザや新型コロナ、アデノウイルス、溶連菌、マイコプラズマ、感染性胃腸炎など年末も多彩な感染症が発生していました。例年1月にインフルエンザを筆頭に様々な風邪が流行りますので、さて来春の感染症の流行状況はどうなることでしょう。
 年末は小春日和のような陽気です。来年のスギ花粉の飛散もやはり例年よりは少し早くなりそうです。松山の過去の観測の歴史では1番早い年は1月17日が飛散開始日だったとの記録もあります。さすがにそこまでは早くならないでしょうが、2月初頭から飛散開始もあり得るかもしれません。
 年末の診察ではアフターコロナでこの正月に旅行を予定されている方も多かったです。韓国へ、京都へ、湯布院へなどなど、私としては羨ましい限りですが旅行される皆さんが体調万全で過ごされることを願っています。私はここ最近毎年恒例となっているNHKの「ドキュメント72時間」の年末スペシャルを見てゆっくり過ごしています。
 今年は新型コロナの第7波、第8波、第9派の対応に追われ、6月からはコロナ以外にも実にさまざまな感染症が続きました。また年の後半には咳止めや小児の抗生剤の供給不足が続きました。薬剤の供給状況を鑑みながら処方すると言う余計なところで気をつかう何とも言えない状況も続きました。
 今年1年当院を受診していただいた皆様には本当にありがとうございました。受診された全ての方々に最善を尽くすとの思いで診療を続けて参りましたが、全ての人々に診療を受けて良かったと満足いただけたかどうか。様々なコメントを見てもやはり至らなかったこともあるようです。来年こそは全ての方々に満足いただけるようにとの思いを胸にしたいと思います。コロナとそれに続く感染症の流行の中、忙しい中いつも前向きに診療を進めてくれたスタッフの皆にも感謝したいと思います。マイナ保険証での受付が続くと受付自体が滞ってしまう思わぬ影響も今年はありました。特に受付のスタッフの創意工夫には感謝したいです。
 来年の皆様の1年が健やかで良い年となるよう祈念して、今年のこのコーナーを締めくくりたいと思います。 
12月  13日   早いものでいつの間にか12月も半ばになりました。当院スタッフの結婚式も無事終わりました。新婦はとても素敵で、私も父親になった気分で見守ることが出来ました。当日はかつてのスタッフとも再会できて楽しい時間を過ごすことができました。このところ公私ともに忙しく、このコーナーの更新が滞っていました。今日は久方ぶりにまとまった時間が取れましたので、この文をしたためています。散髪もできました。延滞気味だった図書館の本も返すことが出来ました。(^^;

 当院外来では6月からずっと多彩な感染症が見られています。
 新型コロナの第9波の流行は10月には落ち着きましたが、それでも感染者の発生は続いています。愛媛でのオミクロン株のゲノム解析の状況では、XBB系統が主流ですがBA.2系統も見られています。全国的にはさらにXBB系統の亜型のHK.3系統が増えてきています。愛媛県でも10月から検出されはじめており今後はHK.3系統が主流になると考えられます。いずれもオミクロン株の中の変異株ですが、当院ではオミクロン株に複数回感染してしまった方も見られています。新型コロナはどうやら以前に罹った免疫があてにならない傾向があります。オミクロン株に繰り返し罹った場合、以前の感染時よりは軽症で終わる例がほとんどですが、国外のレポートでは再度罹った時の方が重症化する症例もあるようです。当院でもアルファ株やデルタ株の時のように重症化する例はほとんど見られず、多くは軽症の経過を辿っています。しかし時には咽喉頭粘膜の反応が強かった入り、嗅覚味覚障害や頭痛倦怠感の持続、脱毛などの感染罹患後症状の続く方もいます。複数回の感染とともに後遺症の発現にも注意して経過を診ています。
 インフルエンザは引き続き猛威を振るっています。今年前半はA香港型がほとんどで、まれにB型が散見される程度でしたが、11月以降は以前新型と称されていたA2009年型が増えてきています。先週からは愛媛県でもA2009年型の方が発生は多くなってきているかもしれません。A2009年型にもA香港型の遺伝子配列は一部入っていますが、基本的にはA200年型とA香港型は違うタイプですので、今年インフルエンザに二度罹る人も増えています。
 溶連菌感染症も記録的に流行しています。溶連菌は小児期に複数回感染して免疫が出来て大人になってからは発症しない例が多いのですが、これだけ流行するとお子さんからうつされて発症する大人の方も珍しくありません。アデノウイルス感染症も9月頃より全国的にも愛媛県でも記録史上最大の大流行です。さすがに11月に入ると感染者は減るものと思っていましたが、12月に入ってもいまだに増え続けています。現在流行の株はのどの反応が主体で目や腸での反応は少ないようですが、高熱が続く例が多いです。小児で40℃が4日続く、大人でも39~40℃の高熱がでる方見られています。また、手足口病も引き続き見られています。パラインフルエンザによると思われるクループ性気管支炎、EBウイルスやサイトメガロウイルスによる伝染性単核球症、マイコプラズマ肺炎、原因の病原菌は特定できない壊死性リンパ節炎なども見られています。
 このように多彩な感染症が発生していますので、インフルエンザと新型コロナに同時感染した”フルコロ”や、インフルエンザと溶連菌への同時感染、インフルエンザとアデノウイルスの同時感染、アデノウイルスと溶連菌の同時感染などが見られています。これだけ同時感染の方を続けて診るのは私は過去に経験したことがありません。

 お薬の供給不足も収束する気配がみられません。国はこの冬に鎮咳剤の供給を10%増やすよう製薬業界に要請したとのことですがその程度では供給不足の解消には程遠いようです。大人向けの咳止めや痰気りに続いて、小児向けの抗菌剤の供給不足も広がっています。先々週からはついに小児用の鎮咳剤の供給不足も目立ってきてしましました。処方薬の供給状況を鑑みながら処方しなければいけませんので、余計なところで頭を使わなければいけませんので私もストレスが溜まります。記録的な流行となっているアウイルスと溶連菌については、迅速検査の検査キットの供給もひっ迫して出荷調整となっています。咽頭所見であきらかに溶連菌感染が疑われるお子さんに対しては検査をせずに判断するなどの対応も取らざるを得なくなっています。こちらも頭が痛い問題です。

 気象の長期予報ではこの冬は暖冬傾向との予測です。今年の1月は最強寒波でスギ花粉の飛散開始は遅かったのですが、来シーズンの飛散開始時期はやや早まりそうです。今シーズンの飛散開始は2月14日のバレンタインデーで過去タイ記録の遅さでしたが来シーズンは2月初めから飛散し始めるか、ひょっとしたら1月末からの飛散開始もあり得るかもしれません。1年は早いもので後1ヶ月半で花粉シーズンです。来シーズンの花粉の飛散予報も出そろったようです。愛媛では今シーズンが過去最高に近い大量飛散でしたので来シーズンは裏年にあたります。この夏四国で高温でしたが日照時間が平年並みでしたので、東日本ほどは花粉の生育には勢いはなさそうです。来シーズンの四国のスギ花粉の飛散量は平年並みで大量飛散した昨年よりはある程度少なくな見込みです。

 来院患者総数が今日で91.500人を超えました。過去、このコーナーでは万単位を超えた際には報告していたのですが、忙しさにかまけて報告する前に9万人から1500人オーバーしてしまいました。開院以来、実に多くの患者様に支えられて当院も診療を続けることができました。病院など誰一人来たくて来る人はありません。体調のすぐれない中で止む負えず来院されます。これからも、患者様の体調や不安な気持ちに寄り添って、診察を受ることによって安心して頂けるよう、心して、目の前の患者様に向かい合いたいと思います。 

バナースペース

医療法人 大輝会

山口耳鼻咽喉科
クリニック

院 長 山 口 幹 夫

〒790-0045
愛媛県
松山市余戸中1丁目2-1

  TEL 089-973-8787