本文へスキップ

当院は、耳鼻咽喉科、気管食道科、アレルギー科を専門とし、地域医療に貢献します。

TEL. 089-973-8787

〒790-0045 愛媛県松山市余戸中1丁目2-1

ようこそ 山口耳鼻咽喉科クリニックへ        

since '99.9.1  Last update '21.2.25

  山口耳鼻咽喉科ホームページ

  

スギ花粉の本格的な飛散が始まりました

★ 発熱などに対する診療体制のご案内 ★
期間:令和2年11月16日〜令和3年3月31日(予定)
*当院では新型コロナウイルスのPCR検査は行っていません
当院かかりつけの患者さんへ
次のような症状がある場合は、直接来院せず、まずは必ず電話でご連絡ください。
・発熱(おおむね37.5℃以上)
・倦怠感(からだのだるさ)
・味やにおいがわからない
状態をお伺いして、受診いただく日時をお知らせさせていただきます。
当院のかかりつけでない場合
受診相談センター(電話089-909-3483 愛媛県在住者)へ連絡してください。
対応可能な医療機関の連絡先を紹介してもらえます。

<トピックス>

★ 電話によるオンライン診療行っています ★
症状増悪時に対面診療を行う必要があることから、
対象は中予地区在住の方に限定しています
当院未受診の初診の方も行います
診療時間内に電話でお申し込み下さい
★ 再診患者様のオンンライン受付の終了時間を延長しました ★
月〜〜土 午前:11時30分まで
月火木金 午後:17時30分まで
「みんなで安心」感染症対策医療機関です
当院は新型コロナウイルス感染症対策を実施しています
新型コロナウイルス感染症について 
<情報ページを設けています>

Google 検索経由のアクセス数月間20万 検索1ページ目への表示回数月間325万(2020年7月実績)
<これからも役に立つサイトとして情報提供に務めます>

「ドクターズ ファイル」に掲載されました
<リンクは写真をクリック>
耳鳴順応TRT療法の治療機関一覧に掲載されました
ポールンロボによる花粉観測を行っています
慢性上咽頭炎治療医療機関一覧に掲載されました

20年6月:中耳加圧療法開始
<重症メニエール病のめまい発作抑制に有用>
20年4月:スーパーライザー(近赤外線光線治療器)増設
<星状神経節照射による突発性難聴、顔面神経麻痺、内耳性めまい>
<また、アレルギー性鼻炎や頚肩腕症候群に有用>
20年3月:DPOAE(歪成分耳音響放射)測定装置導入
<新生児聴覚スクリーニングや加齢性難聴の評価に有用>
19年11月:新型睡眠評価装置導入
<在宅簡易ポリグラフ検査で中枢性無呼吸と閉塞性無呼吸の鑑別が可能となりました>
17年12月:終夜パルスオキシメーター導入
<乳幼児の睡眠時無呼吸のスクリーニングが可能となりました>
17年7月:慢性上咽頭炎への上咽頭擦過治療EATを開始
<従来のルゴール液に加え塩化亜鉛溶液による治療も追加しました>
17年3月:頭部コーンビームCT導入、頭頸部・胸部デジタルレントゲン装置更新
16年8月:一酸化窒素ガス分析装置・指尖容積脈波計導入、自動血球計数CRP測定装置更新
16年6月:ナステント(睡眠時無呼吸の経鼻カテーテル治療)導入
<17年6月12日より販売再開、当院ではフィティングの上、指示書を発行します>
15年12月:ダニの経口免疫療法開始
<導入は基幹病院で行います>
14年11月:副鼻腔炎治療用カテーテル導入
14年10月:スギ花粉症へ経口免疫療法開始
<導入は基幹病院で行います>
12年1月:ポールンロボによる花粉自動測定開始
11年12月:ホームページ リニューアル  スマートフォンにも対応
<スマートフォン用サイトには自動転送されます>
10年9月:睡眠ポリグラフ検査装置増設
10年6月:超音波診断装置更新(デジタル式導入)
09年1月:耳鳴のTRT療法を再開
07年8月:電子スコープ(咽喉頭ビデオシステム)を導入
07年6月:口臭測定装置を導入
06年12月:ジェネリック医薬品選択性の処方箋発行を開始
05年12月:携帯用ホームページ開設
05年3月:オンライン受付システムを開始

バナースペース

医療法人 大輝会

山口耳鼻咽喉科クリニック

院 長 山 口 幹 夫

〒790-0045
愛媛県松山市余戸中1丁目2-1

  TEL 089-973-8787

  FAX 089-994-5487