fresh citrus

 フレッシュ柑橘
       

         
plofile
池本ゆたか農園について
fresh citrus
フレシュかんきつ
citrus juice
100%果汁ジュース
shoping
お買い物
inquiry
お問合せ


                                       
AIKA28
愛媛果試第28号
     
              12月上旬~下旬      

                   
                     

AIKA28(紅マドンナ)は、「南香(なんこう)」と「天草(あまくさ)」を
両親にもつ
2005年(平成17年)に品種登録された愛媛県生まれの新しいかんきつです。

当農園の
AIKA28は、皮がとてもうすく果実が柔らかいので、カットフルーツ
(スマイルカットなど)にして、お召し上がりくださいませ
AIKA28本来の
ゼリーのような食感、甘く濃厚な風味を、より一層美味しくお楽しみいただけます。


                   
                                       
iyokan
伊予柑    
 
              1月中旬~3月中旬       

                    
     

伊予柑発祥の地は、山口県です。現在、栽培されている伊予柑の多くは、
「宮内伊予柑(みやうちいよかん)」です。
これは、山口県で発見された
「普通いよかん」の枝変わりで、
1955年(昭和30年)に愛媛県松山市の
宮内義正氏の農園で、発見されました。

いよかんの皮は、手で簡単にむくことができます。ただ、袋(じょうのう膜は
厚めなので、ひとつずつむいて果肉だけにして、食していただくと、
たいへん美味しく召し上がっていただけます。(ご面倒ですが、よりいっそう
美味しく召し上がっていただけますので、お勧めしております。)
          


                    
                                       
dekokan
デコ柑  
    
              2月中旬~3月中旬       

                    
                            

デコ柑「不知火」は、1972年(昭和47年) 「清見」に「ポンカン
(中野
3号)」を掛け合わせて 農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所が
育成し長崎県の口之津支場で誕生しました。デコ柑、デコポンは、愛称で、
「不知火(しらぬい)」が、品種名です。甘味がたいへん強く、ほどよい
さん味があり香り高く濃厚な味わいです。果肉は、やわらかく、ほんのり
ゼリー食感もありとてもジューシーです。

デコ柑の皮は、手で簡単にむくことができますが、当農園のデコ柑の皮は、
とても薄く中からせり出すような張りがあり、やわらかい果肉を傷めてしまう
おそれがありますので、カットフルーツとして食べていただくことを
お勧めしております。
デコ柑のもつ、あま味、さん味、うま味、そして
濃厚な香りを、より一層美味しくご堪能いただけます。
         


                    
                                       
setoka
瀬戸香
      
              3月上旬~3月下旬       

                    
                            

瀬戸香(せとか)は、「清見×アンコール」と「マーコット」を交配して誕生した
かんきつです。甘味がたいへん強く、香り高く濃厚で、高貴な味わいです。
果肉は、
やわらかく、ほんのりゼリー食感もありとてもジューシーで、かおりが、
口中にひろがります。

木になるスウィーツといったような食感と風味を持ち合わせています。

瀬戸香の皮は、とても薄く中からせり出すような張りがあり、やわらかい果肉を傷めてしまう
おそれがありますので、カットフルーツとして食べていただくことをお勧めしております。
瀬戸香のもつ、あま味、うま味、そして高貴で濃厚な香りを、より一層美味しく
ご堪能いただけます。

   
      


                   
                                       
tarocco
タロッコ
     
              3月下旬~4月上旬

                   
                         

イタリアではポピュラーなオレンジです。スペインのサングイネッロ種が変異
したものとも言われています。ブラッドオレンジのなかでは最もあまみが強く
とても濃厚でジューシーな味が特徴です。色的には、最も薄く、ほんのりと
赤紫がさすていどです。かおりがとても強く、四~五個で、お部屋の香水の
ようにタロッコの香りで、いっぱいになります。

タロッコの皮は、とても薄く中からせり出すような張りがありたいへん
むきにくいので、やわらかい果肉を傷めてしまうおそれがあります。
カットフルーツとして食べていただくことをお勧めしております。タロッコの
濃厚な、あま味、うま味、そして濃厚な香りを、より一層美味しく
ご堪能いただけます。
         


                   
                                       
himekoharu
媛小春 
    
              3月上旬      

              
                          

媛小春は、「清見」×「黄金柑(おうごんかん)」から 愛媛県で育成され2008年に
品種登録された
新しいかんきつです。
あま味たっぷりで、さん味は控えめで、ジューシー。
        
濃厚なのに爽やかな果汁が口いっぱいに広がります。

媛小春は、皮がとてもむきやすく、手でむいて食べれます。
また、カットフルーツにすると、ゼリーのような食感、甘く濃厚な風味を、
より一層美味しくお楽しみいただけます。
         

                   
                                       
kiyomi tangor
清見タンゴール
     
              4月中旬      

                   
                          

「清見(きよみ)」は、「宮川早生」と「トロピタオレンジ」の交雑種です。
糖度は高めで、ほどよいさん味があり果肉はやわらかく薫り高く果汁が
特に豊富でジューシーな味わいです。

清見の皮は、とても薄く中からせり出すような張りがありたいへん
むきにくいので、ジューシーでやわらかい果肉を守るためカットフルーツ
として食べていただくことをお勧めしております。清見の、ジューシーで、
あま味、うま味、そして濃厚な香り、ゼリーのような食感を、より一層
美味しくご堪能いただけます。

         

                   
                                       
kara mandarin
カラ・マンダリン 
    
              4月下旬~5月上旬      

              
                          

「カラ・マンダリン」は、「温州みかん」と「キングマンダリン」からアメリカのカリフォルニア大学で育成されました。日本には、1955年(昭和30年)に導入、栽培や管理の難しさなどが原因で普及されませんでした。近年食味のよさがみなおされ、栽培・管理も確立され生産量が増加しています。あま味がたいへん強く、ほどよいさん味があり、とても濃厚な味わいです。

カラ・マンダリン皮は、とても薄く、むきやすいので、手でむいて
食べれます。また、カットフルーツにして冷蔵庫でよく冷やしてから、
食べていただくことも、お勧めしております。
カラ・マンダリン、あま味、うま味、そして濃厚な味わいを、より一層
美味しくご堪能いただけます。