和紙を使って創作しました。     



2017年制作 全国和紙ちぎり絵展奨励賞受賞
題名 『一片の花に乗せて』

松山城太鼓門の前にある桜の木
支柱で支えられている古木ですが、毎年花を咲かせています。
命が脈々と受け継がれている様は、いじらしくもあり、愛おしくもあり。

そんな気持ちを込めて制作しました。

松山に来られたら、ぜひ、松山城の太鼓門の前の桜の古木に
会いに来てください。秋も、冬も、夏も頑張ってます。

F15号
2016制作、全国和紙ちぎり絵展入選
題名『彼岸花のさくころ』

あえて、、燃えるような赤、消え入るような赤、
色々な赤を使い、赤のト-ンで
人の命、尊さ、愛おしさ、そして激しさ・・・・・
そんな思いを込めて創作しました。



F10号 

完全歩きのお遍路さんを始めて5年目(現在2016年)に入りました。
月1回のペースで、歩きたい仲間と歩いています。

今、愛媛県を回っています、暑くても、寒くっても、ただひたすら歩いています。
その中で、どうしても創作したいと思った、『六地蔵』。
色々な想い、願いを込めて創作しました。
今の世の中色々なことが起きています、明日のことはわかりません。
一日一日精一杯、生きていこうと思うこの頃です。
皆さんに幸せれ・・・・・・・合掌

この作品は、従兄弟に頼まれて創作しました。

釣りの好きで釣った魚をちぎり絵で・・・・と言う事で
和紙で創作しました。

魚好きに従兄弟のために、できるだけ本物に近い姿を表現したくて
頑張りました。



by yasuko

TOPへ