「食」コーナー
 食材は買うまでも、また買ってからも、たくさんのエネルギーを使い、二酸化炭素を排出しています。
 特に日本は、一人あたりのフードマイレージが世界一です。多くの食材を遠く離れた外国から輸入しているからです。
 そこで、地産地消、自家栽培を行い、少しでも二酸化炭素の排出を抑えるようにしたいものです。
 家庭から排出される可燃ごみの中で生ごみが半分以上を占めています。その生ごみを減らすためには、水切りをしっかりと行う、食べ残しをしたり腐らせたりしない、コンポストを利用して堆肥化を行う等が挙げられます。