日本のエネルギー消費は、経済成長と共に飛躍的に増加し、世界でも有数のエネルギー消費大国となっています。 
 そのエネルギーの80%は海外から輸入されるエネルギーに頼っています。また石油などの化学燃料による発電により大気中にCOが排出され、地球温暖化が深刻になっています。
 そこで、松山市では、「地球にやさしい日本一のまちづくり」をめざし、その実現のために「松山市環境総合計画」を策定し、化石エネルギーに替わる新しいエネルギーの一つとして太陽光発電の導入に力を入れています。その一つが“りっくる”の太陽光発電によるエネルギー利用システムです。
 太陽光発電は、COの排出量が非常に少なく、クリーンで、無くなる心配のない新エネルギーです。
角丸四角形吹き出し: 松山市が導入している新エネルギーは、太陽エネルギー・風力エネルギー・地熱エネルギー・小水力エネルギー・廃棄物エネルギー・下水エネルギー・バイオマスエネルギーだよ。
 松山市では新エネルギーの導入に対して補助の制度があります。
地球温暖化対策補助事業へ