リサイクルの4本柱である「紙」「プラスチック製容器包装・ペットボトル」「缶」「びん」のリサイクルの仕組みを展示しています。松山市では、ゴミが回収されたあと、どのようにしてリサイクルされるのかがわかります。
 実際に、「排出物→リサイクル原料→リサイクル製品」を展示しているためリサイクルを具体的に感じとることができます。
 また、リサイクルで製品を作った場合と、原料から製品を作った場合のエネルギーの比較も見ることができます。
リサイクルのしくみ