参加者の皆さんはとても熱心に見学をされていました。疑問に思ったことはすぐに係に方に質問し、有意義な見学となりました
 今回の見学を通して、プラスチックがリサイクルされ、新たな商品に生まれ変わる事を実感し、分別の大切さを改めて感じたとの感想もいただきました。


 10年ほど前にも、探検ツアーで、この広島リサイクルセンターにやってきました。その時はペレットは1種類で、いろいろなプラスチックの混合でした。しかし、今回見学をするとPE・PP・混合に分けてペレットを加工していました。リサイクル技術は、日々進んでいることを実感しました。
参加者の皆さん、工場の方と記念写真です。
広島リサイクルセンターに到着。松山市で集められたプラスチック製容器包装のごみはここに集められリサイクルされます。簡単に工場内の様子の説明を聞いた後は、ヘルメットをかぶって、工場見学にgo!
バスの中ではクイズを解きながら、プラスチックリサイクルの勉強をしました。
8月5日(金)
「親子リサイクル探検ツアー」
 
おみやげにキャップを入れるおうちをいただきました。
もちろんプラスチックのリサイクル製品です!
Cペレット 粉砕した廃プラスチックを溶かして、小さな粒上にしたもの。どうしてもこのような黒っぽい色になります。
Bフレークです。とってもふわふわしていました。
A大きな機械がありました。最初に異物を取り除き、破砕し、浮上選別や遠心分離を行います。
@プラスチックマークのついたごみは、大きな塊(ベール)で、工場に運ばれてきます。

〜 広島県三原市のプラスチックのリサイクル工場へ見学に〜