8月4日(木)
「ごみを食べる車がやってくる」
 
リサイクル家具の販売コーナーも見学しました。
ここに並んでいる家具は、粗大ごみで出されたものを、職人さん
が手直しされたそうです。

ごみ分別のお話です。
出されたごみの6割は可燃だそうです。

参加者の皆さん釘づけです。
@バックの部分をあけて、内部を見せて頂きました。
 鉄板があり、これが前後に動いて圧力をかけます。
                                    A爪のような部分で砕いていきます。
粗大ごみはこの2種類の車で回収します。
パッカー車とパワーゲート車です。
 ごみ収集車がごみを回収する様子をまじかに見ることができました。とてもたくさんのごみが回収できることが分かりました。でも、まだまだ、使える自転車やソファーがくっちゃくちゃになって回収される様子をみると、悲しくなりました。
 ごみのこともいっぱい学習しました。リデュース、リユース、リサイクルを実践していきたいです。
3Rのお話も伺いました。
順番もあるみたいです。1番はリデュースだそうです!

〜 ごみのお話〜

ばりばりばり〜と、大きな音が響きます。10分ほどで、すべての粗大ごみがパッカー車に入っていきました。
掃除機、たんす、机、ソファ、自転車などの粗大ごみが、どんどんパッカー車に食べられていきます!すごい迫力です。
パワーゲート車は、昇降機がついているので、重たいものでも、楽にトラックにのせることができます。

〜 ごみを食べる車のごみの回収の様子〜