5月28日(日)
「エコキッズ」第2回
 .
当時の愚陀佛庵が再現されています。
中にも入れます。
子規の世界を垣間見ることができました。
 今年はちょうど子規生誕150年と言うことで、特別展も行われていました。子規と漱石、極堂をはじめとする友人たちとの交流や、直筆の資料も見ることができました。愚陀佛庵では150年前の世界にタイムトリップ。中には、俳句を読んで短冊にしたためたキッズも。
 
子規記念博物館の前で。
愚陀佛庵の障子越しの展示もありました。

今年は、子規・漱石・極堂生誕150年に当たります。誕生150年を記念して、常設展示室は新たな展示や映像機器を導入し、リニューアルオープンされました。
 9月19日は正岡子規の命日です。明治35年9月18日、子規は、どれも糸瓜(へちま)を詠んだ辞世の句を三つ、自ら筆を執って書きつけた直後に意識を失い、翌19日の未明に息をひきとりました。まだ36歳でした。
 このように子規とヘチマは深いかかわりがありそうです。
子規記念博物館 見学