本文へスキップ

おいしい給食

宮内小学校のおいしい給食を紹介します★

  12/14(木)
ご飯・牛乳・コロコロステーキ・れんこんのシャキシャキあえ・じゃがいものトマト煮
トマトの赤い色はリコピンという成分で、生活習慣病を予防する働きがあります。他にも体の中でビタミンAにかわるカロテンや、ビタミンC・食物繊維といったものも多く含まれています。中でもトマトのリコピン・カロテンは熱に強く、加熱しても効果は失われないのが特徴です。今日はトマトを使った「じゃがいものトマト煮」にしました
   12/13(水)
麦ご飯・牛乳・あぶたま丼・小煮干しの磯香揚げ・もやしときゅうりの甘酢漬け
みなさんは、今日の「あぶたま丼」と聞いてどんな料理かピンときたでしょうか?この料理は油揚げをせん切りにしてうす味をつけ、卵とともにだし、しょうゆ、みりんなどの調味料で味を付けて仕上げます。油揚げの「あぶ」と卵の「たま」をとって「あぶたま丼」というわけです。料理の名前にはいろいろな由来があるので調べてみるのも楽しいですね。
   12/12(火)
ご飯・牛乳・いり卵・ゆず大根・五目煮
ゆずは、高知県を中心に山梨県や栃木県、埼玉県で栽培されています。初夏に白い花を咲かせ、10月から12月頃に収穫期を迎えます。ゆずは香りが強いことから、皮を香り付けに使ったり、ゆず酢やジャムなどに加工したりと、さまざまな料理方法で使うことができます。今日は旬のゆずを使った「ゆず大根」です。
   12/11(月)
パン・牛乳・ナッツいりこ・かぶの酢の物・いか入りシチュー・りんご
かぶの根の部分は淡色野菜でビタミンCを多く含み、でんぷんの消化を助けるアミラーゼが含まれています。アミラーゼは胸やけや食べ過ぎの不快感を解消する働きやお腹の調子を整える効果があります。また、かぶの葉は緑黄色野菜なので捨てることなく食べられることができます。今日はかぶの白い部分を使った酢の物が登場しています。
   12/8(金)
中華おこわ・牛乳・高野豆腐のから揚げ・小松菜のアーモンドあえ・にらたまスープ
「おこわ」とは材料や味付けに関わらず、もち米を蒸した料理のことをいいます。「栗おこわ」や「山菜おこわ」、小豆と一緒に蒸した「赤飯」も「おこわ」の仲間です。もち米を使うことで甘みやモチモチとした食感がプラスされます。昔はもち米が貴重品だったため「おこわ」はお祝いの席などの特別な時に食べるごちそうだったそうです

バナースペース

砥部町立宮内小学校

〒791-2120
愛媛県伊予郡砥部町宮内640番地

TEL 089-962-2072
FAX 089-962-2843