H 04.10.22 岡田 十五郎 神社 祭典
近藤 昇吉 書 平成四年十月吉日 に社を建立し謹んで奉祀するものである ぐため三津土地改良区役員一同相諮
ってここ
せ翁が身をも
って示された教を後世に語り継
築堤百七十周年に当たり翁の功業に思いを馳 光を万世に放つであろう 村の窮状を救
った翁の崇高な公共心は不滅の
面影を失
ったが私財を投じて工事を完成し一
えた
 時代の進運とともに農業は今や昔日の
せて翁の伝記を編集してその功績を今日に伝 は築堤百周年を記念して盛大な祭典を挙行併 翁の大恩に感謝の誠を表し次いで大正十年に ろとなり明治三十一年には頌徳碑を建設して その公徳は夙に村民のひとしく敬仰するとこ ら救出し繁栄に導いた郷土の先駆者である て農業の振興を図りよ
って村民を困窮の底か
文政年間に久万の台新池の築造のため挺身し 政元年に没した
 享年六十三であ
った
 翁は
 岡田十五郎翁は寛政二年古三津村に生れ安 岡田十五郎神社縁起
岡田十五郎神社縁起

岡田十五郎翁は寛政二年古三津村に生まれ 安政元年に没した 享年六十三であった

翁は文政年間に 久万の台新池の築造のため挺身して 農業の振興を図りよって村民を困窮の底から救出し 繁栄に導いた郷土の先駆者である

その公徳は
夙に 村民のひとしく敬仰するところとなり 明治三十一年には頌徳碑を建設して翁の大恩に感謝の誠を表し

次いで大正十年には 築堤百周年を記念して盛大な祭典を挙行 併せて翁の伝記を編集して その功績を今日に伝えた

時代の進運とともに 農業は今や昔日の面影を失ったが 私財を投じて工事を完成し 一村の窮状を救った翁の崇高な公共心は 不滅の光を万世に放つであろう

築堤百七十周年に当たり 翁の功業に思いを馳せ 翁が身をもって示された教を後世に語り継ぐため三津土地改良区役員一同相諮ってここに社を建立し謹んで奉祀するものである

平成四年十月吉日
近藤 昇吉 書

【夙に】つとーに
[副]
ずっと以前から。早くから。  「彼は夙にその名を世に知られていた   朝早く。 「―起き、遅く臥?(ふ)?して」〈読・雨月・吉備津の

奉祀ほうし
《名・ス他》
(神を)おまつり申すこと