FD3S サーキットスペック


2005年(後半)〜
ストリートを気持ちよく走りたい、という気持ちが大きくなってチューンが進んでくるとしだいにサーキットを速く走りたい、という気持ちに変わっていきました。もちろん気持ちよくというところも忘れていません。その集大成として製作しているFD3S。これからもどんどん仕様変更を繰り返し変わっていきます。
2006年6月:公認取得
エアポンプレス/定員2名/車幅及び全長変更。
現在のタイム 阿讃サーキット 45秒370
  ドライバー:ミハエル,タイヤ:ネオバ
  2006/11/18ファクトリートクトク走行会
阿讃サーキット 46秒873
  ドライバー:トクトク,タイヤ:ネオバ
  2005/11/12ファクトリートクトク走行会

エンジン周辺 本体 不明
タービン TO4R
I/C トラスト前置きインタークーラー
ラジエーター銅3層
エアポンプ無し(SDコンバータを付けて公認取得)
エンジンオイル76ガードルモーターオイル 15w−40
燃料ポンプボッシュ+アルミコレクタータンク
追加インジェクタモーテックM4による連動制御
e-manageによる独立制御
制御装置燃料調整モーテックM4
トラストe-manageアルティメイト
ブーストコントローラートラスト プロフェック+リモートスイッチングシステム
パワートレーンクラッチ不明
ミッションオイル76MPギアルーブ80w−90
デフATS
デフオイル76MPギアルーブ85w−140
給排気エアクリーナーHPI汎用
マフラーメーカー不明90φ(サーキット時)
トラスト レーシングマフラー
雨宮SDコンバーター+車検対応マフラー(公道)
シャーシダンパーStブーゾー
スプリングフロント16キロ,リア16キロ
フロントSwift16キロ,リア→Swift18キロ
ボディファクトリートクトク製モノコックブリッジ(ワンオフ)
7点式ロールケージ
ファクトリートクトクオリジナル加工PPF(ワンオフ)
タワーバークスコOSタワーバー(前)
クスコタワーバー(後)
タイヤ・ホイールホイールアドバンRG(FDサイズ)
etcスペーサー 20o
タイヤアドバンネオバAD07(純正サイズ)
エクステリアフロントバンパーRE雨宮 N1フェイサーModel05
RE雨宮 カナードプロ for アンダースイープ
フェンダーRE雨宮 GT-ADキット
(構造変更により公認,車幅:1810mm)
ウイングRE雨 リアスポイラー GT-U
テールランプカバーRE雨宮 リアフィニッシャーカバー
ボンネット不明
ミラーガナドール
コンビランプメーカー不明ブラッククロームランプassy
インテリア追加メーター
トラスト電子式60φ排気温度計
トラスト電子式60φ燃圧計
トラスト電子式60φ水温計
トラスト機械式60φブースト計
ステアリングmomo コマンド
momo レース
シートブリッド ジーグU+ローマウントシートレール(運転席)
ブリッド+ローマウントシートレール(助手席)
定員4名
2名(構造変更により公認)
バッテリー室内へ移動
始動スイッチピボット:スタートスイッチシステム

リモートスイッチングシステム

トラストのブーストコントローラ等向けオプションパーツ。
今回のシステムでは押している間、又は押してから任意の時間の間スクランブルブーストを掛けるスイッチとして使用している。

RE雨宮リアウイング GT-U

3次元ウイングの元祖的存在。ステーはハイとローがある。今回はワインディングからミニサーキットでの使用を目的としているためローマウントステーを選択。

マツショウ製ガナドールミラー

車検に対応。純正に比べると視認性が悪くなるがエアロミラーとしては視認性が高い。前面投影面積が減りcd値を下げるのに貢献していると思われる。

バッテリーキルスイッチ

長期間の駐車でバッテリーを放電したくない時にお勧めのパーツ。ただし、バッテリーのオン/オフの度にコンピュータの学習をしなおすために車や使用環境によってはあまりお勧めできない。当デモカーはイベント又はテスト走行の時にしか動かさないので問題なし。