カリキュラム

総合農学科    1年(共通専攻) / 2年(共通専攻)
アグリビジネス科 1年 / 2年

総合農学科

1年次

共通科目

教養科目

科目名 教育のねらい
暮らしと経済(環境)    家族経営に関する知識を習得し、快適な農家生活と豊かな農村の生活環境のあり方を理解させ、その重要性を認識させる。
暮らしと法律 生活と法律との結びつきを理解させ、法律を身近なものとさせる。
英語Ⅰ 実用英会話を中心とし、海外の情報を習得させる。
情報処理Ⅰ 情報処理に関する基礎知識・技術を習得させる。

専門科目

科目名 教育のねらい
農業経営 農業経営のために必要な基礎的理論を習得させる。
農業簿記   農業簿記の基礎知識と重要性を理解させ、記帳方法等について習得させるとともに、パソコンを利用した簿記記帳方法を習得させる。
農村社会 農村社会についての一般的知識を習得させ、農村社会の現状と今後のあり方について考えさせる。
農業と環境 農業と環境の基本的な関わりについて学習し、これからの農業の発展について考えさせる。
農業概論 専攻学習に入る前段として、農業の役割、農業の現状と課題等の基礎知識を理解させる。
病害虫と防除計画Ⅰ 作物一般に発生する主要病害虫の基礎知識と診断技術を身につけさせ、合理的な防除法を理解させる。
土壌肥料概論 作物栽培に不可欠な土壌の基礎知識を理解させ、各種肥料の特性について学習させる。
農業気象 気象の基礎知識を習得し、農業生産への応用及び災害の対策を理解させる。
農業機械利用Ⅰ 農業機械の基礎知識及び効率利用法についての知識を習得させるとともに、基礎的な運転技能を身につけさせる。
農業組織論 農業集落や農業生産組織(法人)等農業組織及び農業協同組合について理解させる。

 

 

専攻科目・実習

農産園芸コース

科目名 教育のねらい
植物育種 植物の育種について基礎的な手法を理解させ、品種育成の過程等、実践的な育種方法を習得させる。
植物生理 植物の生理について基礎知識を身につけ、作物栽培に対する応用技術習得に向けての基礎的技術を身につけさせる。
土壌・植物調査法 農業における観察の基礎を身につけ、土壌や植物体の基礎的な調査法を習得させる。
野菜・花き・作物
栽培概論
主要な野菜・花き・作物生産の現状と動向について理解させるとともに、基本作型の栽培基礎知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅰ 加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
先進事例研修Ⅰ 産地及び農畜産物生産等の現状について広く学習させるなど、愛媛の農業について学習させる。
専攻実習Ⅰ 主要野菜・花きの年間を通した栽培実践を行うことにより基本技術を習得させるとともに、気候・規模等生産条件の違う農業体験や農産物販売等による消費者との交流により、広い視野を身につけさせる。

果樹コース

科目名 教育のねらい
植物育種   果樹の育種について基礎的な手法を理解させ、品種育成及び繁殖の基礎的知識を習得させる。
植物生理 果樹の栽培生理について基礎知識を身につけ、果樹栽培に対する応用技術習得に向けての基礎的技術を身につけさせる。
土壌・植物調査法 農業における観察の基礎を身につけ、土壌や植物体の基礎的な調査法を習得させる。
果樹栽培概論  果樹の生理生態を習得するとともに、その特性を把握させ、栽培全般の基礎知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅰ  加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
先進事例研修Ⅰ 産地及び農畜産物生産等の現状について広く学習させるなど、愛媛の農業について学習させる。
専攻実習Ⅰ 主要果樹の年間を通した栽培実践を行うことにより基本技術を習得させるとともに、気候・規模等生産条件の違う農業体験や農産物販売等による消費者との交流により、広い視野を身につけさせる。

畜産コース

科目名 教育のねらい
家畜生理 家畜の生理に関する専門的知識を習得させる。
家畜解剖 家畜の各器官とその役割について専門的知識を習得させる。
家畜育種と繁殖 家畜の新品種の育成及び育種改良の専門的知識を習得させる。
飼料栄養Ⅰ 家畜の栄養と飼料についての基礎的な知識と技術を習得させる。
家畜飼養管理Ⅰ 家畜の飼養計画や飼養技術、施設や経営についての基礎的知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅰ 加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
先進事例研修Ⅰ 産地及び農畜産物生産等の現状について広く学習させるなど、愛媛の農業について学習させる。
専攻実習Ⅰ 基礎的な各家畜の個体管理及び畜舎管理、飼料作物の収穫調製技術を習得させるとともに、 気候・規模等生産条件の違う農業体験や農産物販売等による消費者との交流により、広い視野を身につけさせる。

2年次

共通科目

教養科目

科目名 教育のねらい
英語Ⅱ   実用英会話を英文パターンで学習させる。
情報処理Ⅱ パワーポイントを使い、プレゼンテーションに関する基礎知識を習得させる。

専門科目

科目名 教育のねらい
農業経営分析・設計   貸借対照表・損益計算書を通じて経営を分析・診断し、経営の諸問題と改善策について理解させる。 
農業政策と行政 農業政策の変遷や行政の対応策、農業・農村の推移等について理解させるとともに、国際化と日本の食料・農業・農村についての政策対応及び愛媛県のあり方について考えさせる。
生物工学 生物工学の基礎とその利用技術を習得させる。
農業機械利用Ⅱ 農業機械の利用方法についての応用知識と技術を習得させる。
農産物貿易と海外農業 海外の農業情勢・農産物貿易の現状を理解させ、国際社会における日本農業の方向について理解させる。

 

専攻科目・実習

農産園芸コース

科目名 教育のねらい
土壌と肥料設計    土壌の理化学性と各種作物への施肥方法及び土づくり対策などの専門的知識を習得させる。
病害虫と防除計画Ⅱ 病害虫の発生生態、防除技術などの各論を通して、作物毎の病害虫防除法について習得させる。
施設園芸概論 野菜・花きの施設栽培における作型と栽培管理技術についての専門的知識を習得させる。
野菜栽培各論 主要野菜の作型とその栽培管理技術について、専門的な知識を習得させる。
花き栽培各論 主要花きの作型とその栽培管理技術について、専門的な知識を習得させる。
作物栽培各論  主要作物の栽培管理技術について、専門的な知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅱ 加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
農産物流通 農産物の流通・価格形成等について基礎的知識を習得させる。
先進事例研修Ⅱ  先進的な野菜・花き農家等の経営及び野菜生産、流通、加工に実態について学習させる。また、愛媛の農業について考えさせる。
卒業論文  農業生産技術・経営設計プロジェクト等についての成果のとりまとめ。
専攻実習Ⅱ 農林水産研究所及び農業大学校において、専門的な技術を学ばせるとともに、個別の課題に対する解決法を習得させる。また、県内の先進農家等において、先進的な農業経営及び農家生活を体験し、農業に関する知識や技術を習得するとともに、農村社会の理解を深めさせる。

果樹コース

科目名 教育のねらい
土壌と肥料設計  土壌の理化学性と各種果樹への施肥方法及び土づくり対策などの専門的知識を習得させる。
病害虫と防除計画Ⅱ  果樹病害虫の発生生態、防除技術などの各論を通して、専門的知識を習得させる。
施設園芸概論  果樹の施設栽培における作型と栽培管理技術についての専門的知識を習得させる。
果樹栽培各論 主要な落葉果樹の種類についてその特性を把握させ、栽培全般の専門的知識を習得させる。
かんきつ論   主要なかんきつの品種についてその特性を把握させ、栽培全般の専門的知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅱ 加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
果樹流通 果樹の流通・価格形成等について基礎的知識を習得させる。
先進事例研修Ⅱ 先進的な果樹農家等の経営及び果樹生産、流通、加工に実態について学習させる。また、愛媛の農業について考えさせる。
卒業論文 農業生産技術・経営設計プロジェクト等についての成果のとりまとめ。
専攻実習Ⅱ 果樹研究センター及び農業大学校において、専門的な技術を学ばせるとともに、個別の課題に対する解決法を習得させる。また、県内の先進農家等において、先進的な農業経営及び農家生活を体験し、農業に関する知識や技術を習得するとともに、農村社会の理解を深めさせる。

畜産コース

科目名 教育のねらい
畜産経営  畜産経営における生産費の分析や経営設計を総括的に学習させる。
環境保全とふん尿処理  環境に留意したふん尿処理技術について専門的知識を習得させる。
家畜衛生 家畜の健康と病気及び環境衛生などに関する専門的知識を習得させる。
家畜飼養管理Ⅱ  家畜の飼養計画や飼養技術、施設や経営についての専門的知識を習得させる。
飼料栄養Ⅱ 家畜の栄養と飼料給与についての専門的な知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅱ 加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
畜産流通 畜産の流通・価格形成等について基礎的知識を習得させる。
先進事例研修Ⅱ  先進的な畜産農家等の経営及び畜産生産、流通、加工に実態について学習させる。また、愛媛の農業について考えさせる。
卒業論文  農業生産技術・経営設計プロジェクト等についての成果のとりまとめ。
専攻実習Ⅱ  各家畜の専門的な飼養管理技術、飼料作物の生産技術及び成分分析技術を習得させる。また、県内の先進農家等において、先進的な農業経営及び農家生活を体験し、農業に関する知識や技術を習得するとともに、農村社会の理解を深めさせる。

総合農学科1年(共通専攻)/2年(共通専攻)
アグリビジネス科 1年 / 2年

総合農学科

1年次

共通科目(総合1年)

教養科目

科目名 教育のねらい
暮らしと経済(環境)    家族経営に関する知識を習得し、快適な農家生活と豊かな農村の生活環境のあり方を理解させ、その重要性を認識させる。
暮らしと法律 生活と法律との結びつきを理解させ、法律を身近なものとさせる。
英語Ⅰ 実用英会話を中心とし、海外の情報を習得させる。
情報処理Ⅰ 情報処理に関する基礎知識・技術を習得させる。

専門科目

科目名 教育のねらい
農業経営 農業経営のために必要な基礎的理論を習得させる。
農業簿記   農業簿記の基礎知識と重要性を理解させ、記帳方法等について習得させるとともに、パソコンを利用した簿記記帳方法を習得させる。
農村社会 農村社会についての一般的知識を習得させ、農村社会の現状と今後のあり方について考えさせる。
農業と環境 農業と環境の基本的な関わりについて学習し、これからの農業の発展について考えさせる。
農業概論 専攻学習に入る前段として、農業の役割、農業の現状と課題等の基礎知識を理解させる。
病害虫と防除計画Ⅰ 作物一般に発生する主要病害虫の基礎知識と診断技術を身につけさせ、合理的な防除法を理解させる。
土壌肥料概論 作物栽培に不可欠な土壌の基礎知識を理解させ、各種肥料の特性について学習させる。
農業気象 気象の基礎知識を習得し、農業生産への応用及び災害の対策を理解させる。
農業機械利用Ⅰ 農業機械の基礎知識及び効率利用法についての知識を習得させるとともに、基礎的な運転技能を身につけさせる。
農業組織論 農業集落や農業生産組織(法人)等農業組織及び農業協同組合について理解させる。

ページ上へ

 

専攻科目・実習(総合1年)

農産園芸コース

科目名 教育のねらい
植物育種 植物の育種について基礎的な手法を理解させ、品種育成の過程等、実践的な育種方法を習得させる。
植物生理 植物の生理について基礎知識を身につけ、作物栽培に対する応用技術習得に向けての基礎的技術を身につけさせる。
土壌・植物調査法 農業における観察の基礎を身につけ、土壌や植物体の基礎的な調査法を習得させる。
野菜・花き・作物
栽培概論
主要な野菜・花き・作物生産の現状と動向について理解させるとともに、基本作型の栽培基礎知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅰ 加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
先進事例研修Ⅰ 産地及び農畜産物生産等の現状について広く学習させるなど、愛媛の農業について学習させる。
専攻実習Ⅰ 主要野菜・花きの年間を通した栽培実践を行うことにより基本技術を習得させるとともに、気候・規模等生産条件の違う農業体験や農産物販売等による消費者との交流により、広い視野を身につけさせる。

果樹コース

科目名 教育のねらい
植物育種   果樹の育種について基礎的な手法を理解させ、品種育成及び繁殖の基礎的知識を習得させる。
植物生理 果樹の栽培生理について基礎知識を身につけ、果樹栽培に対する応用技術習得に向けての基礎的技術を身につけさせる。
土壌・植物調査法 農業における観察の基礎を身につけ、土壌や植物体の基礎的な調査法を習得させる。
果樹栽培概論  果樹の生理生態を習得するとともに、その特性を把握させ、栽培全般の基礎知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅰ  加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
先進事例研修Ⅰ 産地及び農畜産物生産等の現状について広く学習させるなど、愛媛の農業について学習させる。
専攻実習Ⅰ 主要果樹の年間を通した栽培実践を行うことにより基本技術を習得させるとともに、気候・規模等生産条件の違う農業体験や農産物販売等による消費者との交流により、広い視野を身につけさせる。

畜産コース

科目名 教育のねらい
家畜生理 家畜の生理に関する専門的知識を習得させる。
家畜解剖 家畜の各器官とその役割について専門的知識を習得させる。
家畜育種と繁殖 家畜の新品種の育成及び育種改良の専門的知識を習得させる。
飼料栄養Ⅰ 家畜の栄養と飼料についての基礎的な知識と技術を習得させる。
家畜飼養管理Ⅰ 家畜の飼養計画や飼養技術、施設や経営についての基礎的知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅰ 加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
先進事例研修Ⅰ 産地及び農畜産物生産等の現状について広く学習させるなど、愛媛の農業について学習させる。
専攻実習Ⅰ 基礎的な各家畜の個体管理及び畜舎管理、飼料作物の収穫調製技術を習得させるとともに、 気候・規模等生産条件の違う農業体験や農産物販売等による消費者との交流により、広い視野を身につけさせる。

ページ上へ

2年次

共通科目(総合2年)

教養科目

科目名 教育のねらい
英語Ⅱ   実用英会話を英文パターンで学習させる。
情報処理Ⅱ パワーポイントを使い、プレゼンテーションに関する基礎知識を習得させる。

専門科目

科目名 教育のねらい
農業経営分析・設計   貸借対照表・損益計算書を通じて経営を分析・診断し、経営の諸問題と改善策について理解させる。 
農業政策と行政 農業政策の変遷や行政の対応策、農業・農村の推移等について理解させるとともに、国際化と日本の食料・農業・農村についての政策対応及び愛媛県のあり方について考えさせる。
生物工学 生物工学の基礎とその利用技術を習得させる。
農業機械利用Ⅱ 農業機械の利用方法についての応用知識と技術を習得させる。
農産物貿易と海外農業 海外の農業情勢・農産物貿易の現状を理解させ、国際社会における日本農業の方向について理解させる。

ページ上へ

 

専攻科目・実習(総合2年)

農産園芸コース

科目名 教育のねらい
土壌と肥料設計 土壌の理化学性と各種作物への施肥方法及び土づくり対策などの専門的知識を習得させる。
病害虫と防除計画Ⅱ 病害虫の発生生態、防除技術などの各論を通して、作物毎の病害虫防除法について習得させる。
施設園芸概論 野菜・花きの施設栽培における作型と栽培管理技術についての専門的知識を習得させる。
野菜栽培各論 主要野菜の作型とその栽培管理技術について、専門的な知識を習得させる。
花き栽培各論 主要花きの作型とその栽培管理技術について、専門的な知識を習得させる。
作物栽培各論  主要作物の栽培管理技術について、専門的な知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅱ 加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
農産物流通 農産物の流通・価格形成等について基礎的知識を習得させる。
先進事例研修Ⅱ  先進的な野菜・花き農家等の経営及び野菜生産、流通、加工に実態について学習させる。また、愛媛の農業について考えさせる。
卒業論文  農業生産技術・経営設計プロジェクト等についての成果のとりまとめ。
専攻実習Ⅱ 農林水産研究所及び農業大学校において、専門的な技術を学ばせるとともに、個別の課題に対する解決法を習得させる。また、県内の先進農家等において、先進的な農業経営及び農家生活を体験し、農業に関する知識や技術を習得するとともに、農村社会の理解を深めさせる。

果樹コース

科目名 教育のねらい
土壌と肥料設計  土壌の理化学性と各種果樹への施肥方法及び土づくり対策などの専門的知識を習得させる。
病害虫と防除計画Ⅱ  果樹病害虫の発生生態、防除技術などの各論を通して、専門的知識を習得させる。
施設園芸概論  果樹の施設栽培における作型と栽培管理技術についての専門的知識を習得させる。
果樹栽培各論 主要な落葉果樹の種類についてその特性を把握させ、栽培全般の専門的知識を習得させる。
かんきつ論   主要なかんきつの品種についてその特性を把握させ、栽培全般の専門的知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅱ 加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
果樹流通 果樹の流通・価格形成等について基礎的知識を習得させる。
先進事例研修Ⅱ 先進的な果樹農家等の経営及び果樹生産、流通、加工に実態について学習させる。また、愛媛の農業について考えさせる。
卒業論文 農業生産技術・経営設計プロジェクト等についての成果のとりまとめ。
専攻実習Ⅱ 果樹研究センター及び農業大学校において、専門的な技術を学ばせるとともに、個別の課題に対する解決法を習得させる。また、県内の先進農家等において、先進的な農業経営及び農家生活を体験し、農業に関する知識や技術を習得するとともに、農村社会の理解を深めさせる。

畜産コース

科目名 教育のねらい
畜産経営 畜産経営における生産費の分析や経営設計を総括的に学習させる。
環境保全とふん尿処理  環境に留意したふん尿処理技術について専門的知識を習得させる。
家畜衛生 家畜の健康と病気及び環境衛生などに関する専門的知識を習得させる。
家畜飼養管理Ⅱ  家畜の飼養計画や飼養技術、施設や経営についての専門的知識を習得させる。
飼料栄養Ⅱ 家畜の栄養と飼料給与についての専門的な知識を習得させる。
農畜産物加工Ⅱ 加工食品の特性と加工の原理を習得させる。
畜産流通 畜産の流通・価格形成等について基礎的知識を習得させる。
先進事例研修Ⅱ  先進的な畜産農家等の経営及び畜産生産、流通、加工に実態について学習させる。また、愛媛の農業について考えさせる。
卒業論文  農業生産技術・経営設計プロジェクト等についての成果のとりまとめ。
専攻実習Ⅱ  各家畜の専門的な飼養管理技術、飼料作物の生産技術及び成分分析技術を習得させる。また、県内の先進農家等において、先進的な農業経営及び農家生活を体験し、農業に関する知識や技術を習得するとともに、農村社会の理解を深めさせる。

ページ上へ

アグリビジネス科

1年次

教養科目

科目名 教育のねらい
実践英語 国際化に対応し国際化に対応し、海外輸出の実践英語を学習し、情報収集・発信力を高めさせる。
組織リーダー論 農村のリーダー、指導者としての基礎的知識を心理学的見地に立ち習得させる。

専門科目

科目名 教育のねらい
農業の国際化と貿易戦略 農産物の国際貿易の現状を理解し、各国との国境措置や農産物の輸出戦略について学ばせる。
農業経営管理Ⅰ 自らの経営計画を策定し、経営計画上の課題を明確にさせる。
情報システム論 農業経営に不可欠な情報発信の具体的な手法を学ばせる。
農村整備 農業生産性の向上を図るため、農地と水の環境を整備する手法を学ばせる。
農畜産物加工学Ⅰ 食品加工の品質と生産性の向上を図るための知識と技術を習得させる。
先進農家セミナーⅠ 優良な経営を実践している農業経営者、流通・加工・販売等担当者と接し、現状を見ることにより今後の進むべき方向を学習させる。
環境保全型農業 環境と調和した持続性の高い農業生産方式としての環境保全型農業に関する知識と理解を深めさせる。
基礎栄養学 栄養素の働きについて理解させる。
食の安全と衛生 健康管理に関する公衆衛生の知識を習得させる。

専攻選択

専攻科目1

科目名 教育のねらい
生産システム学Ⅰ 園芸発展の歴史と主要作物の栽培ならびに生理生態的特性について、応用的知識・技術を習得するとともに、高品質で安定した生産のための専門技術を習得させる。
土壌肥料学 土壌の理化学的組成、有機物、三相分布等について解説し、分類・調査法等の土壌学的考え方を養う。必須元素とその作用、肥料の性状等を理解させ、土壌改良の専門的知識を習得させる。
応用昆虫学 作物害虫の発生生態や防除の学術的知識について述べるとともに、最近の防除の方向としての総合防除技術について解説し、応用的防除の考え方を養う。
植物病理学 作物病害の発生生態や防除の学術的知識について述べるとともに、最近の防除の方向としての総合防除技術について解説し、応用的防除の考え方を養う。
植物栄養学 根が吸収する無機成分と葉で作られる炭水化物の樹体での役割、根づくり、施肥、地上部管理の意義を栄養的に理解させる。
専攻実習Ⅰ 経営におけるより高度な技術習得及び課題解決を行うため、試験場等において活きた教材を活用した実習を行う。

専攻科目2

科目名 教育のねらい
家畜育種学Ⅰ 家畜育種改良の実際について、専門的な知識を習得させる。
家畜繁殖学 家畜の繁殖生理について、専門的な知識を習得させる。
飼料学Ⅰ  家畜の飼料について、専門的な知識を習得させる。
家畜栄養学Ⅰ 家畜の栄養について、専門的な知識を習得させる。
家畜解剖学Ⅰ 家畜生態機構(構造)について、専門的な知識を習得させる。
家畜飼養学Ⅰ 家畜飼養について、専門的な知識の概要を習得させる。
家畜衛生学 多頭羽飼育が盛んな現在、家畜の能力を十分発揮させるため、健康を阻害する障害を除去する家畜衛生の専門的な知識を習得させる。
専攻実習Ⅰ 畜産経営における各家畜の専門的な飼養管理技術、飼料作物の生産管理技術を習得させる。

実習

科目名 教育のねらい
食品加工実習Ⅰ 「農畜産物加工学Ⅰ」の知識を応用し、食品製造技術を高めさせる。
アグリビジネス体験実習Ⅰ 農業をビジネスとしてとらえ指導的農業者となるための資質を養うため、体験実習を実施する。

2年次

専門科目

科目名 教育のねらい
農政時事  担い手施策、土地施策、需給調整施策等の中から、農業・農政の動きをふまえた具体的なテーマごとの施策紹介により、理解を深めさせる。
農業経営管理Ⅱ 「農業経営管理Ⅰ」で明確になった課題をふまえ、経営計画を再検討し、就農後の経営管理能力を高めさせる。
マーケティング論 農産物の売れる仕組みづくりを勉強させる。
法人経営学 企業的農業経営者を育成するため、法人等の設立や経営について必要な知識を習得させる。
先進農家セミナーⅡ 優良な経営を実践している農業経営者、流通・加工・販売等担当者と接し、現状を見ることにより今後の進むべき方向を学習させる。
農業機械・施設学 主要な共同利用機械・施設の概要と利用及び規模に応じた機械施設性能について理解を深めさせる。
地域営農論 農業資源を活用した地域農業の活性化と地域営農の再編について学ばせる。
地域づくり論 地域資源(農産物、自然環境、景観、伝承文化等)を活用して、地域づくりや都市農村交流による地域活性化について学ばせる。
食品加工法規 食品における危害防止に関する知識を習得させる。
食品の微生物基礎 微生物に起因する食品加工への活用について知識を高めさせる。
農畜産物加工学Ⅱ 食品加工の品質と生産性の向上を図るための知識と技術を習得させる。
農業経営法規 経営管理を行うに当たって必要となる法律・制度について学ばせる。

専攻選択

専攻科目1

科目名 教育のねらい
生産システム学Ⅱ 作物の主要な栽培様式及び技術並びに生理的特性について理解させ、応用的実践的専門知識・技術を習得させるとともに、産地形成の意義、重要性を理解させる。
応用生物工学 農業技術者として必要なバイオテクノロジー手法の知識と応用技術を習得させる。
貯蔵・流通技術 農産物貯蔵流通技術について専門的知識を理解させるとともに、消費者ニーズにあわせた貯蔵、流通、販売方法と今後の取り組みについて理解させる。
卒業論文 農業技術及び経営に対する専門的知識を習得させ、応用能力を身につけるための調査研究を行い、その成績を取りまとめさせる。
専攻実習Ⅱ 農業経営に必要なより高度な技術習得及び課題解決を行うため、試験場等において活きた教材を活用した実習を行う。

専攻科目2

科目名 教育のねらい
家畜育種学Ⅱ  家畜育種改良の必要性について、専門的な知識を習得させる。
飼料学Ⅱ 飼料の成分と飼料価値を究明し、飼料の合理的配合法、加工、保存の改善について習得させる。
家畜栄養学Ⅱ 家畜の飼料・栄養について、実践的な知識を習得させる。
家畜解剖学Ⅱ 家畜生態機構(構造)について、専門的な知識を習得させる。
家畜飼養学Ⅱ 乳・肉・卵等の生産及び家畜の維持、成長活動・繁殖のための飼料・栄養について習得させる。
ふん尿の高度処理技術 ふん尿処理の高度処理技術を習得させる。
卒業論文 農業技術及び経営に対する専門的知識を習得させ、応用能力を身につけるための調査研究を行い、その成績を取りまとめさせる。
専攻実習Ⅱ 畜産経営における各家畜の専門的な飼養管理技術、飼料作物の生産管理技術を習得させる。

実習

科目名 教育のねらい
食品加工実習Ⅱ  「農畜産物加工学Ⅱ」の知識を応用し、食品製造技術を高めさせる。
アグリビジネス体験実習Ⅱ 農業をビジネスとしてとらえ指導的農業者となるための資質を養うため、体験実習を実施する。

1年次

教養科目(アグリ1年)

科目名 教育のねらい
実践英語 国際化に対応し国際化に対応し、海外輸出の実践英語を学習し、情報収集・発信力を高めさせる。

教養科目

科目名 教育のねらい
実践英語 国際化に対応し国際化に対応し、海外輸出の実践英語を学習し、情報収集・発信力を高めさせる。
組織リーダー論 農村のリーダー、指導者としての基礎的知識を心理学的見地に立ち習得させる。
組織リーダー論 農村のリーダー、指導者としての基礎的知識を心理学的見地に立ち習得させる。

専門科目(アグリ1年)

科目名 教育のねらい
農業の国際化と貿易戦略 農産物の国際貿易の現状を理解し、各国との国境措置や農産物の輸出戦略について学ばせる。
農業経営管理Ⅰ 自らの経営計画を策定し、経営計画上の課題を明確にさせる。
情報システム論 農業経営に不可欠な情報発信の具体的な手法を学ばせる。
農村整備 農業生産性の向上を図るため、農地と水の環境を整備する手法を学ばせる。
農畜産物加工学Ⅰ 食品加工の品質と生産性の向上を図るための知識と技術を習得させる。
先進農家セミナーⅠ 優良な経営を実践している農業経営者、流通・加工・販売等担当者と接し、現状を見ることにより今後の進むべき方向を学習させる。
環境保全型農業 環境と調和した持続性の高い農業生産方式としての環境保全型農業に関する知識と理解を深めさせる。
基礎栄養学 栄養素の働きについて理解させる。
食の安全と衛生 健康管理に関する公衆衛生の知識を習得させる。

専攻(アグリ1年)

専攻科目1

科目名 教育のねらい
生産システム学Ⅰ 園芸発展の歴史と主要作物の栽培ならびに生理生態的特性について、応用的知識・技術を習得するとともに、高品質で安定した生産のための専門技術を習得させる。
土壌肥料学 土壌の理化学的組成、有機物、三相分布等について解説し、分類・調査法等の土壌学的考え方を養う。必須元素とその作用、肥料の性状等を理解させ、土壌改良の専門的知識を習得させる。
応用昆虫学 作物害虫の発生生態や防除の学術的知識について述べるとともに、最近の防除の方向としての総合防除技術について解説し、応用的防除の考え方を養う。
植物病理学 作物病害の発生生態や防除の学術的知識について述べるとともに、最近の防除の方向としての総合防除技術について解説し、応用的防除の考え方を養う。
植物栄養学 根が吸収する無機成分と葉で作られる炭水化物の樹体での役割、根づくり、施肥、地上部管理の意義を栄養的に理解させる。
専攻実習Ⅰ 経営におけるより高度な技術習得及び課題解決を行うため、試験場等において活きた教材を活用した実習を行う。

専攻科目2

科目名 教育のねらい
家畜育種学Ⅰ 家畜育種改良の実際について、専門的な知識を習得させる。
家畜繁殖学 家畜の繁殖生理について、専門的な知識を習得させる。
飼料学Ⅰ  家畜の飼料について、専門的な知識を習得させる。
家畜栄養学Ⅰ 家畜の栄養について、専門的な知識を習得させる。
家畜解剖学Ⅰ 家畜生態機構(構造)について、専門的な知識を習得させる。
家畜飼養学Ⅰ 家畜飼養について、専門的な知識の概要を習得させる。
家畜衛生学 多頭羽飼育が盛んな現在、家畜の能力を十分発揮させるため、健康を阻害する障害を除去する家畜衛生の専門的な知識を習得させる。
専攻実習Ⅰ 畜産経営における各家畜の専門的な飼養管理技術、飼料作物の生産管理技術を習得させる。

実習

科目名 教育のねらい
食品加工実習Ⅰ 「農畜産物加工学Ⅰ」の知識を応用し、食品製造技術を高めさせる。
アグリビジネス体験実習Ⅰ 農業をビジネスとしてとらえ指導的農業者となるための資質を養うため、体験実習を実施する。

実習(アグリ1年)

科目名 教育のねらい
食品加工実習Ⅰ 「農畜産物加工学Ⅰ」の知識を応用し、食品製造技術を高めさせる。
アグリビジネス体験実習Ⅰ 農業をビジネスとしてとらえ指導的農業者となるための資質を養うため、体験実習を実施する。

ページ上へ

教養科目

科目名 教育のねらい
実践英語 国際化に対応し国際化に対応し、海外輸出の実践英語を学習し、情報収集・発信力を高めさせる。
組織リーダー論 農村のリーダー、指導者としての基礎的知識を心理学的見地に立ち習得させる。

2年次

専門科目(アグリ2年)

科目名 教育のねらい
農政時事  担い手施策、土地施策、需給調整施策等の中から、農業・農政の動きをふまえた具体的なテーマごとの施策紹介により、理解を深めさせる。
農業経営管理Ⅱ 「農業経営管理Ⅰ」で明確になった課題をふまえ、経営計画を再検討し、就農後の経営管理能力を高めさせる。
マーケティング論 農産物の売れる仕組みづくりを勉強させる。
法人経営学 企業的農業経営者を育成するため、法人等の設立や経営について必要な知識を習得させる。
先進農家セミナーⅡ 優良な経営を実践している農業経営者、流通・加工・販売等担当者と接し、現状を見ることにより今後の進むべき方向を学習させる。
農業機械・施設学 主要な共同利用機械・施設の概要と利用及び規模に応じた機械施設性能について理解を深めさせる。
地域営農論 農業資源を活用した地域農業の活性化と地域営農の再編について学ばせる。
地域づくり論 地域資源(農産物、自然環境、景観、伝承文化等)を活用して、地域づくりや都市農村交流による地域活性化について学ばせる。
食品加工法規 食品における危害防止に関する知識を習得させる。
食品の微生物基礎 微生物に起因する食品加工への活用について知識を高めさせる。
農畜産物加工学Ⅱ 食品加工の品質と生産性の向上を図るための知識と技術を習得させる。
農業経営法規 経営管理を行うに当たって必要となる法律・制度について学ばせる。

専攻選択(アグリ2年)

専攻科目1

科目名 教育のねらい
生産システム学Ⅱ 作物の主要な栽培様式及び技術並びに生理的特性について理解させ、応用的実践的専門知識・技術を習得させるとともに、産地形成の意義、重要性を理解させる。
応用生物工学 農業技術者として必要なバイオテクノロジー手法の知識と応用技術を習得させる。
貯蔵・流通技術 農産物貯蔵流通技術について専門的知識を理解させるとともに、消費者ニーズにあわせた貯蔵、流通、販売方法と今後の取り組みについて理解させる。
卒業論文 農業技術及び経営に対する専門的知識を習得させ、応用能力を身につけるための調査研究を行い、その成績を取りまとめさせる。
専攻実習Ⅱ 農業経営に必要なより高度な技術習得及び課題解決を行うため、試験場等において活きた教材を活用した実習を行う。

専攻科目2

科目名 教育のねらい
家畜育種学Ⅱ  家畜育種改良の必要性について、専門的な知識を習得させる。
飼料学Ⅱ 飼料の成分と飼料価値を究明し、飼料の合理的配合法、加工、保存の改善について習得させる。
家畜栄養学Ⅱ 家畜の飼料・栄養について、実践的な知識を習得させる。
家畜解剖学Ⅱ 家畜生態機構(構造)について、専門的な知識を習得させる。
家畜飼養学Ⅱ 乳・肉・卵等の生産及び家畜の維持、成長活動・繁殖のための飼料・栄養について習得させる。
ふん尿の高度処理技術 ふん尿処理の高度処理技術を習得させる。
卒業論文 農業技術及び経営に対する専門的知識を習得させ、応用能力を身につけるための調査研究を行い、その成績を取りまとめさせる。
専攻実習Ⅱ 畜産経営における各家畜の専門的な飼養管理技術、飼料作物の生産管理技術を習得させる。

実習(アグリ2年)

科目名 教育のねらい
食品加工実習Ⅱ  「農畜産物加工学Ⅱ」の知識を応用し、食品製造技術を高めさせる。
アグリビジネス体験実習Ⅱ 農業をビジネスとしてとらえ指導的農業者となるための資質を養うため、体験実習を実施する。

ページ上へ