農業大学校の概要

沿革

明治43年  愛媛県立農事試験場に農業見習生制度を設置。大正4年に愛媛県立農業技術員養成所と改称。その後、現代の変遷に伴い愛媛県高等農業講習所と名称を変更。また果樹、蚕業、畜産の各試験場にも同様の施設を併設し、技術者の養成にあたってきた。
昭和9年  愛媛県種畜場に農事修練場を併設。その後、勤労訓練所、有畜営農伝習場、農業研修所と名称を変更、各種施設の接収等を繰り返し、一貫して農業自営者の養成を行ってきた。
昭和46年  愛媛県立果樹講習所規則、愛媛県産業講習所規程及び愛媛県高等農業講習所規則を廃止、時代の進展に即応して愛媛県立農業大学校として新発足した。 
昭和47年  農業研修所、酪農指導所の廃止に伴い、農業者課程を設置、農業指導者課程と合わせて2課程とした。 
昭和48年  松山市下伊台町1553番地に校舎、寄宿舎及び体育館を新築し、環境の良い場所で教育することとなった。
昭和53年  農業改良助長法の一部改正に伴い、農業者課程の入学資格を高校卒業以上に引き上げた。 
昭和56年  農業機械・施設利用技能者の計画的な養成確保と資質向上を目的として、愛媛県農業機械研修センターを設置した。
昭和58年  農民研修教育施設運営要領の一部改正及び改良普及員受験資格の引上げ等、国の一連の措置に基づき、農業者、農業指導者の両課程を廃止し、農業、農村の発展に寄与する人材を計画的、継続的に育成するため、養成部門と研修部門を設置し、実学教育による新しい実践農業大学校として発足した。
昭和60年  農業大学校養成部門修了者、農科短大2卒以上の者を対象とした専攻科を設置し、地域の高学歴化と農業改良普及員の受験資格引上げに対応した専門教育を図ることとした。
平成2年  生物工学教室及び情報処理教室を新設した。
平成5年  農業機械研修センターを廃止し、農業者が農業に関し生涯にわたって行う学習活動を促進・援助するとともに、農業機械利用技能者を養成するため、農業大学校に研修課を設置した。 
平成10年  養成部門蚕業課程及び専攻科養蚕課程を廃止し、これに伴い蚕業分校を廃止した。
平成17年  専修学校へ移行し、教授・助教授を配置するなど指導体制を拡充するとともに、大学への編入学を可能にした。 
平成18年  養成部門を自営農業者の育成だけでなく、地域農業及び農村を担う幅広い人材を養成する総合農学科に再編するとともに、改良普及員の養成を目的とした専攻科を廃止し、高度な農業経営者や地域農業のリーダーを養成するアグリビジネス科を設置した。 
平成22年  総合農学科の野菜複合コースと花き複合コースを農産園芸コースに統合、アグリビジネス科の栽培育種コース、環境・流通コース、家畜管理コース、食品加工コースを廃止し、リーダー養成コースを設置した。

現在の学科及びコース

学科 コース 定員
総合農学科 農産園芸コース
果樹コース
畜産コース
55名
アグリビジネス科 リーダー養成コース 10名

 詳しくは、「学科紹介」をご覧ください。

教育目標・教育方針

 1.教育目標 
  (1) 農業に携わる者としての自覚を持ち、農業に取り組む自信と誇りを醸成する。
  (2) 農業経営・農家生活に必要な専門的な知識、高度な技術及び幅広い教養を備えた人材を養成する。
  (3) 地域社会のリーダーに必要な判断力、企画力、マネージメント力を養成する。 
  (4) 社会情勢の変化に対応できる視野と創造力・適応力を養成する。 
 
 2.教育方針 
 (1) 総合農学科
  ア . 理論と実践の教育を通し、専門的知識及び優れた生産技術を習得させ、新しい農業を創造できる能力を身につけさせる。 
  イ . 実践学習により、農業経営に必要な技術の進歩に対応する能力や経営管理能力を身につけさせる。 
  ウ . 農業・農村を築き上げていくリーダーとして主体的に行動できる実践力及び指導力等を身につけさせる。 
  エ . 世界的に農産物のグローバル化が進むなかで、日本農業の可能性について総合的に判断できる能力を身につけさせる。 
  オ . 先進農家等での体験学習を通し、農業経営の理解を深めさせる。 
  カ . 寮制における共同生活を通し、自立と協調・連帯の精神を身につけさせる。 
 (2) アグリビジネス科 
  ア . 就農並びに農業法人等へ就業し、経営参画や地域農業を牽引できる先端的な知識・技術と幅広い見識、リーダーたる資質を兼ね備えた人材
    を育成する。 
  イ . 生産をベースに経営や流通・加工・販売を体系的に捉えた、いわゆる「アグリビジネス」に関する専門知識・技術を習得させ、実践力、マネ
    ージメント力のある人材を養成する。 
  ウ . 不断に進歩する技術を応用し、自ら創造し改良する力を持つ人材を養成する。 
  エ . 社会経済情勢の変化に対応できる幅広い視野と社会性を涵養する。 
 (3) 研修課程 
  農業者が農業に関して行う学習活動を促進し、援助するため、一般研修、特別研修、農業指導者研修を実施する。 
   ア . 一般研修 
     農業を志向する者や農業初心者を対象に、農業の基礎的な技術を習得する講座を開設するとともに、高校生を対象に農業の実務研修を実施
    し、就農を促進する。また、農業機械の高性能化に対応して、中核農家等を対象に効率的な利用や事故防止等の研修を行い、農業機械の利用
    技術の向上を促進する。 
   イ . 特別研修
     農業者を対象に、農産物の利用技術等の研修を実施し、農家経営の向上を図る。また、一般県民を対象に、栽培技術等の研修を実施し、農
    業への理解促進を図る。 
   ウ . 農業指導者研修 
     新規に採用された普及指導員等を対象に、高度な農業技術の習得や指導力の向上等を目指した研修を実施し、創造性と指導力に富んだ指導
    者を養成する。 
 (4) 各科・課程共通 
  学生及び各種研修受講者を対象に、大型特殊自動車、毒物劇物取扱者及び危険物取扱者等の農業に関する各種免許・資格が取得できるように指導
 する。
 
3 .教育方法 
 (1) 総合農学科 
  ア . 大学・行政の専門職員、試験研究機関及び農大職員等による講義・演習・実習において、専門的かつ総合的な教育を実施する。 
  イ . 実習が50%以上を占める実践教育に取り組むとともに、プロジェクト学習等個々の問題意識を高める教育に取り組む。 
  ウ . 試験研究機関における生産技術の高度な手法の習得、時代のニーズに対応した教育(販売流通・食品加工・環境保全等)を実施する。 
  エ . 先進農家等への派遣実習や県内の新たな取り組み、優良な経営事例等を学ばせ、実践的な経営感覚の習得を図る。 
  オ . 社会性を備えた人格形成ができるよう、各種行事への積極的な参加を図る。 
 (2) アグリビジネス科 
  ア . 1年次には、総合農学科等で培った生産技術についてレベルアップを図るために、研究機関の先端的な研究成果の経営への活用等について
    学ばせる。 
  イ . 2年次には、農産物の加工・流通・販売を体系的・多角的に学び、企業的経営管理能力の向上を図るとともに、 地域農業の活性化の観点を
    取り入れ、営農システムの運営・管理等、地域リーダーとして必要なものの見方・考え方を習得させる。
  ウ . 2年間を通じて、地域農業の担い手を目指すという意欲の醸成と学習の動機づけを行いながら、経営分析やシュミレーションに基づく具体
    的な経営計画の策定や県内外の優良な経営、先進的な事例研修等により実践力を身につけさせる。 
  エ . プロジェクト活動は、各研究作目を選択して設定し、研究機関において先端的な研究成果を活用して行う。 
 (3) 研修課程 
  ア . 研修は、講義及び実習を中心に行う。 
  イ . 県農林水産研究所と連携し、新技術や革新技術を習得させる。 
  ウ . 先進農家の協力を得て、実践技術や応用技術を習得させる。 
  エ . 指導は農業大学校の職員が行うが、必要に応じて外部から講師を招聘する。 

1.教育目標 
 (1) 農業に携わる者としての自覚を持ち、農
  業に取り組む自信と誇りを醸成する。 
 (2) 農業経営・農家生活に必要な専門的な知
  識、高度な技術及び幅広い教養を備えた人
  材を養成する。 
 (3) 地域社会のリーダーに必要な判断力、企
  画力、マネージメント力を養成する。  
 (4) 社会情勢の変化に対応できる視野と創造
  力・適応力を養成する。    

2.教育方針   
(1) 総合農学科  
 ア . 理論と実践の教育を通し、専門的知識
   及び優れた生産技術を習得させ、新しい
   農業を創造できる能力を身につけさせる
 イ . 実践学習により、農業経営に必要な技
   術の進歩に対応する能力や経営管理能力
   を身につけさせる。
 ウ . 農業・農村を築き上げていくリーダー
   として主体的に行動できる実践力及び指
   導力等を身につけさせる。
 エ . 世界的に農産物のグローバル化が進む
   なかで、日本農業の可能性について総合
   的に判断できる能力を身につけさせる。
 オ . 先進農家等での体験学習を通し、農業
   経営の理解を深めさせる。
 カ . 寮制における共同生活を通し、自立と
   協調・連帯の精神を身につけさせる。
(2) アグリビジネス科  
 ア . 就農並びに農業法人等へ就業し、経営
   参画や地域農業を牽引できる先端的な知
   識・技術と幅広い見識、リーダーたる資
   質を兼ね備えた人材を育成する。
 イ . 生産をベースに経営や流通・加工・販
   売を体系的に捉えた、いわゆる「アグリ
   ビジネス」に関する専門知識・技術を習
   得させ、実践力、マネージメント力のあ
   る人材を養成する。
 ウ . 不断に進歩する技術を応用し、自ら創
   造し改良する力を持つ人材を養成する。
 エ . 社会経済情勢の変化に対応できる幅広
   い視野と社会性を涵養する。  
(3) 研修課程    
 農業者が農業に関して行う学習活動を促進し援助するため、一般研修、特別研修、農業指導者研修を実施する。   
 ア . 一般研修    
   農業を志向する者や農業初心者を対象に
  、農業の基礎的な技術を習得する講座を開
  設するとともに、高校生を対象に農業の実
  務研修を実施し、就農を促進する。また、
  農業機械の高性能化に対応して、中核農家
  等を対象に効率的な利用や事故防止等の研
  修を行い、農業機械の利用技術の向上を促
  進する。   
 イ . 特別研修   
   農業者を対象に、農産物の利用技術等の
  研修を実施し、農家経営の向上を図る。ま
  た、一般県民を対象に、栽培技術等の研修
  を実施し、農業への理解促進を図る。  
 ウ . 農業指導者研修     
   新規に採用された普及指導員等を対象に
  、高度な農業技術の習得や指導力の向上等
  を目指した研修を実施し、創造性と指導力
  に富んだ指導者を養成する。  
(4) 各科・課程共通   
 学生及び各種研修受講者を対象に、大型特殊自動車、毒物劇物取扱者及び危険物取扱者等の農業に関する各種免許・資格が取得できるように指導する。  

3 .教育方法  
(1) 総合農学科   
 ア . 大学・行政の専門職員、試験研究機関
   及び農大職員等による講義・演習・実習
   において、専門的かつ総合的な教育を実
   施する。  
 イ . 実習が50%以上を占める実践教育に取
   り組むとともに、プロジェクト学習等個
   々の問題意識を高める教育に取り組む。
 ウ . 試験研究機関における生産技術の高度
   な手法の習得、時代のニーズに対応した
   教育(販売流通・食品加工・環境保全等
   )を実施する。  
 エ . 先進農家等への派遣実習や県内の新た
   な取り組み、優良な経営事例等を学ばせ
   、実践的な経営感覚の習得を図る。  
 オ . 社会性を備えた人格形成ができるよう
   、各種行事への積極的な参加を図る。
(2) アグリビジネス科   
 ア . 1年次には、総合農学科等で培った生
   産技術についてレベルアップを図るため
   に、研究機関の先端的な研究成果の経営
   への活用等について学ばせる。  
 イ . 2年次には、農産物の加工・流通・販
   売を体系的・多角的に学び、企業的経営
   管理能力の向上を図るとともに、 地域
   農業の活性化の観点を取り入れ、営農シ
   ステムの運営・管理等、地域リーダーと
   して必要なものの見方・考え方を習得さ
   せる。 
 ウ . 2年間を通じて、地域農業の担い手を
   目指すという意欲の醸成と学習の動機づ
   けを行いながら、経営分析やシュミレー
   ションに基づく具体的な経営計画の策定
   や県内外の優良な経営、先進的な事例研
   修等により実践力を身につけさせる。 
 エ . プロジェクト活動は、各研究作目を選
   択して設定し、研究機関において先端的
   な研究成果を活用して行う。   
(3) 研修課程   
 ア . 研修は、講義及び実習を中心に行う。
 イ . 県農林水産研究所と連携し、新技術や
   革新技術を習得させる。  
 ウ . 先進農家の協力を得て、実践技術や応
   用技術を習得させる。  
 エ . 指導は農業大学校の職員が行うが、必
   要に応じて外部から講師を招聘する。