FAQ

本校に関するご質問にお答えします。
これら以外にご質問があれば、電話、FAX、お問い合わせフォーム等でお問い合わせください。
TEL : 089-977-3261 FAX : 089-977-5410 お問い合わせフォーム 

Q.入学にあたって

Q.講義・実習について

Q.学生(寮)生活について

Q.研修について

Q.その他

A.入学にあたって

愛媛県立農業大学校はどこにあるのですか?周囲の環境はどうですか?
 愛媛県立農業大学校は、松山市下伊台町1553番地にあります。松山市内から車で約15分、標高は約170m、周囲を山に囲まれています。
近くには、愛媛県農林水産研究所果樹研究センター、松山市立伊台小学校、松山市立旭中学校、薄墨桜で有名な西法寺があります。標高が高いため、市内より2℃ほど気温が低く、冬期は積雪することもあります。

どんなことを学んでいるのですか? 
 講義では、1年次は農業に関する基礎的な科目を、2年次には専門的な科目を学びます。1年次の前期は野菜、花き、果樹(及び畜産)について日替わりで実習を体験し、専攻コース決定の参考としています。1年次の後期には専攻コースを決定し、各作目で専門的な実習を行います。2年次には各自プロジェクト活動を中心に、各専攻での実習を行います。なお、希望する学生は農林水産研究所(農産園芸コース)、果樹研究センター(果樹コース)でのプロジェクト活動もできるようになっています。

入学金や授業料はいくらですか?在学中にかかる経費はいくらですか? 
 入学金は必要ありません。授業料は、月9,900円(平成28年度時点)で6ヶ月分(59,400円)を4月と10月に納めます。詳しくは、「学費等」をご覧ください。

奨学金は借りられますか?
 日本学生支援機構の奨学金を借りることができます。詳しくは、本校教務担当までお問い合わせください。(TEL : 089-977-3261)

受験を考えています、学校の見学は可能ですか?
 土曜、日曜、祝祭日、入学式、卒業式など学校行事がなければ、見学は可能です。事前に本校教務担当にご相談ください。なお、農業大学校では、年2回の「オープンスクール」と夏休み期間中に1泊2日の「就農啓発講座」を開催しています。事前に申し込みが必要ですが、お気軽にご参加ください。

私の家は農家ではないのですが、入学できますか?
 家が農家でなくても入学できます。例年、5割程度の非農家出身者の入学があります。

私の家は愛媛県外ですが、入学できますか?
 総合農学科の推薦入学試験は、県内の高等学校及び中等教育学校の卒業見込者が対象ですが、一般入学試験は、全国から受験可能です。例年、数名の県外生が入学しています。

学生の男女比率はどれくらいですか?
 年によって変動はありますが、女子学生が毎年5名程度入学しています。女子学生の割合は、10~15%程度です。

年齢の制限はありますか?
 受験年齢の上限は設けていませんので、何歳でも大丈夫です。ただし、1年次は原則全寮制であり、17日間の北海道体験実習があります。また2年次には先進農家体験学習(前後期:各10日間、農家に泊まり込み)がありますので、ご家族とよく相談してください。

学校要覧が欲しいのですが。
 学校要覧はこちらからダウンロードできます。

ページ上へ

A.講義・実習について

私は農業高校出身ではありませんが、授業や実習についていけるでしょうか?
 心配ありません。総合農学科1年次には、農業の基礎を幅広く学び、2年次により専門的な内容を学ぶカリキュラムとなっています。実習も仲間と協力し、また先輩に指導されながらスキルアップを図っています。なお、農業高校出身の学生は50%程度で、普通科や商業科、工業科など様々な高校・学科から集まってきます。

授業時間や時間割はどのようになっていますか?
 授業時間は90分です。1時限目が8:50~10:20、2時限目が10:30~12:00、3時限目が13:00~14:30、4時限目が14:45~16:15です。講義・実習は、土日、祝日を除く月曜日から金曜日に半日単位で実施しています。

履修科目にはどのようなものがありますか?
 履修科目については「カリキュラム」をご覧ください。

畜産の講義・実習について教えてください。
 畜産の講義の一部は本校で行いますが、それ以外の講義と実習は主に畜産分校(西予市野村町)及び養鶏研究所(西条市)で行います。畜産分校は西予市野村町の畜産研究センターにあり、本校から車で約2時間の距離にあります。畜産分校には寮が併設してあるので、原則として月曜日に本校から分校へバスで移動、金曜日に分校から本校へバスで帰校します。また養鶏研究所は西条市にあり、車で約1時間、寮がないので日帰りで講義・実習を受けます。

北海道実習について教えてください。
 総合農学科1年生は、6月と9月に2班に分かれて北海道士別市で17日間(移動日を含む)の実習を行います。この実習は1966年から始まっており、気候や規模など生産条件が違う北海道でファームステイし、農業、文化、生活を体験します。この実習を経験すると、人間としてひとまわり大きくなるように感じます。

先進農家体験学習について教えてください。
 総合農学科2年生は、年2回10日間ずつ県内の先進的な農家にファームステイし、近代的農業経営や農家生活、農村生活を体験します。農産園芸および畜産コースは5月と9月に、果樹コースは6月と12月にそれぞれ実習に行きます。

アグリビジネス体験実習について教えてください。
 アグリビジネス体験実習は、1年次に16日間(12月)、2年次に16日間(9月)行っています。1年次には、県内の農業生産法人等で栽培や経営などについて学びます。2年次には、流通や加工、販売、指導機関等でそれぞれの内容について学びます。原則として自宅(アパート)から通える場所で研修先を選定します。

実習中にケガをした場合、どうなりますか?
 在学生は、全国農業大学校協議会が加入する団体傷害保険に加入します。この保険は、実習や寮生活、講義、通学中などに発生したケガに対して保険金が支払われるものです。掛け金は、年間19,000円です。(平成28年度分。なお、加入者数により補償額が変更になる可能性があります)

卒業するとどのような資格が得られますか?
 卒業生に「専門士(農業専門課程)」の称号が与えられます。卒業生は、「人事院規則9-8の運用について」の学歴、免許等資格区分が「短大2卒」として取り扱われます。また、希望する学生は「危険物取扱者資格」「毒劇物取扱者資格」等の資格を取得できます。「各種資格」をご覧ください。

ページ上へ

A.学生(寮)生活について

寮について教えてください。
 寮は鉄筋コンクリート3階建てで、1階が女子寮、2,3階が男子寮となっています。部屋は相部屋(原則2人)で、エアコン、学習机、ベッドが備え付けてあります。総合農学科1年次は原則として全寮制、2年次は希望入寮制となっています。なお、アグリビジネス科学生についても希望者は入寮できる場合があります。寮は、学生の自治活動(寮自治会)により運営していますので、寮生自らが快適な寮生活をおくれるよう、規則を守りお互い協力し合うことが大切です。

公共交通機関の利用は可能ですか?
 伊予鉄バス(五明線)が利用できます。松山市駅7番のりばから「城山」または「向陽第一公園前」行きに乗り、「伊台」で下車します。運賃は400円、25~30分程かかります。

持っていたら便利なものを教えてください。
 JAまたはゆうちょ銀行のキャッシュカード(最寄りの金融機関はJAえひめ中央伊台支所及びゆうちょ銀行松山伊台局です)。移動手段として、原動機付自転車(本校は山間部にあるため自転車ではキツイです。バスの便もあまりありません)。言わずと知れたパソコン(情報収集や分析、レポート作成や卒論とりまとめなどに重宝します) 。

自動車等の乗り入れはできますか?
 総合農学科の学生は、原動機付自転車および自動二輪車についてのみ、所定の手続きをした上で車両の使用ができます。普通自動車等の乗り入れは許可していません。(原動機付自転車とは、50cc未満のもの、自動二輪車とは50cc以上のものです。)また、アグリビジネス科の学生は、普通自動車等の車両使用についても許可しています。なお、車両の使用にあたっては、車両使用許可要領で定めており、任意保険の加入(対人賠償:原付は3,000万円以上、自動二輪車および普通自動車は無制限)が必要です。

食事はどうなっていますか?
 学生は、食堂で食事がとれます。朝食300円、昼食390円、夕食585円となっており、予め納入いただいた諸経費から差し引かれます。
寮生の場合、平日は3食とも食事をとりますが、土日祝日は希望制となります。寮外生の場合、希望すれば昼食をとることができます。

寮の食事は、土日、祝祭日も出ますか?
 土日、祝祭日の食事は希望制となっていますので、事前に食事注文した学生は食べられます。

サークル活動はどんなものがありますか?新しいサークルを作れますか?
 総合農学科1,2年生は、軟式野球、バレーボール、卓球、バドミントンのいずれかの(必須)クラブに所属します。この4つのクラブは、毎年秋に開催される「四国地区農学連スポーツ大会」に参加します。 また、5名以上の学生が集まれば(任意)クラブを作ることができます。平成28年度は「ランニング部」「剣道部」「バイク同好会」のクラブが承認され、活動を行っています。

どのような行事がありますか?
 「年間行事」をご覧ください。

アルバイトは可能ですか?
 アルバイトは許可制です。学業に支障があると認められる場合は、許可を取り消すことがあります。

寮に門限はありますか?
 寮の門限は、22時となっています。

卒業後の進路はどのようになっていますか?
 「就職状況」をご覧ください。

4年制大学への編入学はできますか?
 平成17年度に専修学校化されたので、4年制大学への編入学が可能となりました。毎年1~2名が愛媛大学農学部に編入学しています。

ページ上へ

A.研修について

えひめ農業入門塾と農業担い手支援塾の違いを教えてください。
 「えひめ農業入門塾」は、5月から2月までに10回(毎月1回、日曜日)に開催しています。農業に関心があり、県内で農業を始めてみたい人を対象に、現在の職業に就いたまま農業の基礎が学べる講座です。農業を始めるにあたっての基礎知識や栽培技術の習得を目指します。
 「農業担い手支援塾」は、5月から2月までに30回(毎週1回、平日)に開催しています。新規就農者や就農を予定している人を対象に、基礎知識に加え、やや高度な栽培技術、就農に必要な実践技術の習得を目的に開催しています。

えひめ農業入門塾を受講するには、どうしたらいいですか?受講資格はありますか?
 毎年、開催要領を定め、受講生を募集しています。本校HPに受講生の募集を掲載しますので、そちらをご覧ください。なお、受講資格は「農業に興味があり、県内で農業を始めてみたい人。年齢はおおむね60歳まで」となっています。経費は年間(平成29年度)で概ね8,000円(受講料5,000円含む)必要です。詳しくは、本校研修担当までお問い合わせください。

農業担い手支援塾を受講するには、どうしたらいいですか?受講資格はありますか?
 毎年、開催要領を定め、受講生を募集しています。本校HPに受講生の募集を掲載しますので、そちらをご覧ください。なお、受講資格は「県内で最近農業を始めた人や今後始めようと考えている人。年齢はおおむね60歳まで」となっています。経費は年間(平成29年度)で概ね20,000円(受講料15,000円含む)必要です。詳しくは、本校研修担当までお問い合わせください。

就農啓発講座を受講するには、どうしたらいいですか?
 毎年、県内すべての高等学校に開催要領、参加申込書を送付しています。詳しくは、高等学校の担任の先生又は進路指導の先生にご相談ください。

特産品開発講座を受講するには、どうしたらいいですか?
 特産品開発講座は、各地方局・支局の地域農業室が提出する実施希望調書により実施地区を選定することとしています。詳しくは、本校研修担当までお問い合わせください。

農業機械士養成研修では、どのような研修ですか?資格は取得できますか?
 研修内容は、トラクタの運転操作技能、主要農業機械の構造及び取扱い、点検・整備、ガソリンエンジンの分解組み立てなどです。研修最終日に技能検定試験を行い、合格者には愛媛県農業機械士技能認定証及び認定手帳を交付します。詳しくは、本校研修担当までお問い合わせください。

新規開発機械等対応研修では、どのような研修ですか?資格は取得できますか?
 ほ場や園内の整備等に利用機会の多い小型車両系建設機械(バックホー、ホイールローダーなど) について、基本的な構造や機能、関係法令等の学科講習と安全な操作等の実技講習を行います。研修終了後、小型車両系建設機械特別教育修了証が交付されます。詳しくは、本校研修担当までお問い合わせください。

ページ上へ

A.その他

卒業証明書、成績証明書が欲しいのですが。
 「証明書の交付申請について」をご覧ください。 

農大直売所は、年中営業しているのですか?
 農大直売所は、学生の販売実習の一環として行っており、原則として毎週水曜日の14時30分から15時の間、営業しています。なお、学生が長期休業(春休み、夏休み、冬休み)中は、休みもしくは営業時間を変更することがあります。営業日等については、「農大直売所」をご覧ください。

ページ上へ